ただ、泣きたくなる時。孤独な時。そんな気持ちの解消法。

ライフスタイル ライター:
「学校に行って、ふと、あぁ寂しいなぁって。そう感じちゃう。周りに友達はいるのに」「FacebookやLINE。つながっている友人はいるし、頻繁に連絡もしているのに。なぜか独りを感じちゃう」

 

そんな悩みを抱える女性も多いようです。

 

誰かとつながろうと思えば、時間も場所もさほど気にせずにつながることができる。そんな時代。

いいえ、そんな時代だからこそ。

 

「つながりたい」

 

そう感じている自分自身に気がついてほしい。

 

「ここにいるよ」

 

そうアピールしたい。そんな思いがあるのかもしれませんね。今回は、ちょっぴり寂しくなって、泣いてしまいそうな時の対処法をお話ししてまいります。

 

SNS。どうしてそのツールを使っているの? 

そう。FacebookやLINE、ツイッターなどで、すぐに連絡が取れるようになりました。誰かと「つながり」を持ちたい時、時間も場所もさほど気にすることなく、さほど不自由を感じることもなく、誰かと「つながる」ことができますね。

 

いつでも気軽に連絡が取れる。

 

それは、いつでも気軽に他人とのコミュニケーションが取れるということ。SNSの魅力はそこにあるでしょう。ですが、そのツールがいつの間にか、心の中の寂しさを埋めるツールになってしまってはいませんか?

 

 

ここにいるよ!

その利用方法が悪いというわけではないのです。ただ、もしも「ここにいるよ!」「気がついて!」という気持ちが含まっているとしたら。まずは、自分自身でその気持ちに気がつき、しっかり受け止めてあげるべきかもしれません。

 

「学校に行って、ふと、あぁ寂しいなぁって。そう感じちゃう。周りに友達はいるのに」

 

周りに「友達」が存在している。そばにいるのに、ふと、ひとりぼっちな感覚に陥ってしまう。何でもないのに、ふと、泣きたくなってしまう。もしかして、「誰かがいる」という事実が、なおさら「不安」を強めているのかもしれません。さて、そこには、どんな「不安」が隠れているのでしょう。

 

「私はここにいるのに、私の存在価値そのものがなんだか薄れているみたい」

 

孤独感や、焦燥感。そんな感情ではありませんか?心の中がこんな風に訴えていませんか?

 

「私、ここにいるんだよ!」と。

 

 

人は大勢の中にいるほうが孤独

不思議ですね。独りで部屋にこもっている時よりも、学校や会社にいる時のほうが、「孤独」を感じやすいという結果が出ています。しかもまた、地方のいわゆる田舎で生活している時よりも、都会に出た時のほうが「孤独」を強く感じるともいわれています。

 

それはどうしてなのでしょう。

 

 

何かへの期待感が孤独感に変わる

実は、その原因のひとつが「期待感」だと考えられています。

 

例えば、部屋に一人の時。そこには誰もいませんから、「つながり」を感じなくてもおかしくはありませんね。

 

しかし、その部屋に「誰か」がいたらどうですか?

 

とたんに、その「誰か」のことが気になり始めるでしょう。その「誰か」は退屈していないかな?喉が渇いていないかな?何か共通の話題、ないかな?その「誰か」は私のこと、どう感じているのかな?

 

そんな風に、その「誰か」とのコミュニケーションを図ろうとします。

つまり、その「誰か」との「つながり」を期待してしまうわけです。

 

「つながり」がうまく取れた時は問題ありません。

ただ、もしも「つながり」が期待通りの結果ではなかったらどうでしょう。

 

期待が大きければ大きいほど、がっかりしてしまう度合いも大きいはずです。

そう。「孤独」を感じる時、実はその直前に、何かの「期待」をしていたはずなのです。

 

 

2つの解消法

「もう何も期待しなければいいの?」

 

いいえ。

何かの期待をする。希望を持つことは、生きるための力になります。何も期待しない、希望なんか持たないと決めるほうが、よっぽどその後は孤独でしょう。

 

けれども、下手に期待してしまえばあとで痛い目にあうかもしれない。

それはそれで不安ですね。

じゃぁ、どうしたらいいのか、というと。シンプルイズベスト!

 

●今ある「つながり」に目を向ける。

●素直な気持ちを伝える。

 

たったこれだけです。

 

FacebookやLINE、ツイッター。いろいろなSNSでつながっている知人、友人。大切なことはその数ではありません。今、私が本当につながりたい人と、つながっている。その事実が重要なのです。

 

気の合う友達が学校に一人でもいれば、その人を。何でも相談できる同僚が会社に一人でもいるのならば、その同僚を。その相手との関係を、ほんのちょっぴり前向きな視線で、ポジティブな気持ちで見つめてみましょう。

 

コツは、相手がどう感じているかではなく、私はどう感じているかです。

きっとその相手には、「私」の素直な気持ちを伝えているでしょう。

きっとその相手も、「私」に素直な感情を見せてくれているでしょう。

 

「私はここにいる」

「あなたもそこにいる」

 

その存在そのものをお互いが素直に感じ、受けとめている。そんな関係を持てる相手がいることに、もっともっと自信をもっていいはずです。

 

「私は独りじゃない」

「私は嫌われていない」

「私はここに存在していいの」

 

「私はもっと私のことを知ってほしい」

「私はもっとあなたのことを知りたい」

 

もしもそう思える人に出会ったなら、今「つながり」を感じる相手に接するように、素直な気持ちを伝えてみましょう。

 

 

ただ、泣きたくなる。

そんな時は、泣いてみたらいいですね。

すると、「どうしたの?」と素直な言葉をかけてくれる人がいます。

 

「寂しい」

そう呟いてみたっていいのです。

すると、「何かあった?」と素直な反応がかえってくるでしょう。

 

その言葉に、また、素直な気持ちを返していけばいいのです。

 

この記事を書いた人

三橋 久美

三橋 久美

バツイチ、再婚組。子育てしながらカウンセリングに励む日々。専門は、人間関係(家族、恋人、同僚、友人)改善。趣味は恋愛小説を書く事。

あなたが綺麗になるためのサロン探し

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。