体を柔らかくする有効な方法!ヨガの開脚前屈ポーズって?

ビューティ

あなたの体は柔らかい方でしょうか、それとも硬い方でしょうか?体が硬いとデメリットも多そう……そもそも、体が硬い、柔らかいって何が違うの?どちらがいいの?

 

肩こり、腰痛がひどい。体が硬いことと関係があるの??そんなあなたの疑問にお答えしますね。

 

そもそも、体が硬いってどういう状態なの?

体が硬い柔らかいと、簡単にいますが一体、体が硬い人、柔らかい人って何が違うのでしょうか?素朴な疑問ですよね。

 

イメージ的には、柔らかい方が健康的ですよ?けれど、体が硬い=不健康とは必ずしもいえないんです。

 

骨格の違いもあり体が硬い人が必ずしも不健康なわけではありません。

 

ですが、体が硬い人の中には体が緊張状態でリンパ液や血液の流れが悪く肩こりや腰痛などのトラブルを抱える人も多いようです。

大まかにいうと幼少期から体が硬かった人は骨格のせいで体が硬いことが多く、小さい頃柔らかかったのに大人になってから体が硬くなった方は体が緊張状態で硬いのかもしれません。そんな人は要注意!

 

体が緊張状態だと、肩こりなどのトラブルが多くなり不健康です。一般的に体が硬い人は血液などの流れが悪く、肩こりや腰痛になりやすいといわれています。また、体が硬い人のほうが太りやすく、むくみやすいとも言われます。

 

体だけじゃない!メンタル面にも柔軟性が必要です

体が緊張状態ということは脳、つまり精神状態も緊張状態であることが多いようです。最近緊張感が抜けない、不眠がち、肩こりなどがひどく疲れやすいという方は自分の体が硬くなっていないかチェックしてみてください。

 

もし体が硬いようだったらストレッチなどで体を柔らかくすることによって緊張状態がよくなるかもしれません。体が柔らかくなると血流が良くなり、緊張状態も緩和します。

 

そんな方に体を柔らかくするストレッチをご紹介します。レッツトライ!

 

体を柔らかくする簡単な方法を知りたい!

体を柔らかくするには、体調も整えられるヨガがおススメです。朝起きてからヨガをすると1日元気に過ごせるし、寝る前にヨガをすると良く眠れます。

 

ヨガの中でも、開脚前屈のポーズがおススメ。骨盤周辺にはたくさんの血管が通っているのでここをほぐすと体調に良い変化があります。早速トライしてみましょう!

 

開脚前屈のポーズ

1・足を大きく開き(限界まで開く)背筋をピンと張ります。

 

2・両手を前に大きく伸ばして前屈姿勢になりましょう。

3・限界まで体を倒し、背筋を意識して元の姿勢に戻りましょう

 

1度にキツくなる程やるより毎日コツコツとやった方が体によく、効果的!最初はうまくできなくても諦めず、コツコツと続けてくみてください。徐々に体が柔らかくなり、体調にいい変化が現れますよ。

 

体が柔らかくなるとこんなにもイイコトが!

体が柔らかくなると血流が良くなり、基礎代謝が上がり健康的にやせやすい体になります。ケガ防止にもつながるのでスポーツをやっている方などにもオススメ!

 

疲れにくい体になり、パワフルでいられます!毎日ダルさや疲労を感じていませんか?体を柔らかくすることによって疲労感が解消されるかもしれません。肩こりや腰痛も緩和されるので、スッキリした気分になるかもしれませんよ♪

 

もし、あなたが体の硬さからくる不調に悩まされていたら、体調を整えるために是非ヨガやストレッチをして体を柔らかくして下さいね。

 

体の柔らかさとは心の柔らかさ?!

体が緊張状態だと何かと辛いですよね。緊張しすぎている毎日が続くと、緊張していることにも気が付かないこともあります。

 

肩こり、腰痛などの体の不調や不眠などの不調を感じたら、体が硬くなりすぎていないかチェックしてみてください。

 

そして、体が硬くなっていてたら柔らかくなるようにストレッチをしましょう。きっと体調が改善されていくと思います。

関連する記事

人気の記事

最新サロン情報

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン