本当の気遣い・気配りができる女性はモテる!

女子力

女性が男性からモテるポイントと言えば「気遣い・気配り」ができる人です。

 

しかし、気になる人に好かれたいからと言って過剰な気遣いや気配りは、かえってマイナスな印象を与えることになる場合もあるので気を付けたいものです。

 

好感度がアップする本当の気遣い・気配り上手な女性を目指しましょう。

 

 

<あざとい女性になっていませんか?>

飲み会や食事をする際は、女性としての気遣いや気配りが出来る事を気になる男性にアピールできる絶好のチャンスです!しかし、頼まれてもいないのに、せっせとサラダを取り分ける等して、”あざとい女性”になっていませんか?

 

”好かれたい”という気持ちが強く、自分の利益を考えて行動する気遣いや気配りは、相手に不自然な印象を与え、気を使われていることが重く、相手は気疲れしてしまいます。気疲れしてしまう相手は、良い人だと思われたとしても一緒にいたいとは感じさせません。

 

飲み会などの席でも、世話を焼かれ過ぎると束縛をされているような居心地の悪さを感じてしまいます。あくまでさりげない気遣いや気配りである事が、好感度の高い魅力的な女性の行動です。本当の気遣い・気配りができる女性は、周りの空気を読んで気持ちよく時間を過ごさせる事ができる人です

 

 

<気遣い・気配り上手な女性を目指すには?>

本当の気遣い・気配り上手な女性を目指すには、自分の好かれたいという欲求を満たすのではなく、”相手が望む欲求を満たしてあげる”事が必要です。相手が望む欲求は、必ずしも言葉で表してくれるとは限りませんので、相手の気持ちを察する事ができるようにならなければ、気配り上手な女性にはなれません。

 

サラダを取り分けるが悪いわけではないのですが、お節介や余計なお世話になっている場合もあります。飲み会では、グラスが空いている人がいれば「何か飲みますか?」と尋ねる程度の優しさで、十分に思いやりは伝わります。気配りができるチャンスをうかがっていると緊張感が漂ってしまいますので、あくまで自然にリラックスした状態で行う優しさである事が重要です。

 

 

 

<時にはお節介という優しさも魅力に>

基本的には、相手が望んでいないのにお節介を焼く事は、自分の欲求を満たす行為ですから優しさとは言えません。しかし、時にはお節介を焼く事が優しさに繋がり、人としての魅力が上がるケースもあります。

 

例えば、職場の人が疲れていたり落ち込んでいたりした時に声をかけるとします。

「大丈夫ですか?」と尋ねた時に、「大丈夫です」と言う返事をされると、「無理しないでくださいね」と、言葉をかける事は一般的な優しさです。一歩踏み込んだ優しさは、頼まれなくてもお茶を差し出し「コレを飲んで落ち着いてくださいね」と行動を起こすことです。

 

本当の優しさを行動に出来ない人は、”余計なお世話かもしれない・・・”と相手から嫌われてしまう事を考えている人です。それは、相手を思いやっているのではなく、自分の事を考えているという事です。

 

 

 

<恋愛だけじゃない!仕事でも高い評価に>

気遣い・気配りができる女性は、男性からモテるだけではなく、職場での評価も高くなります。物事を先読みして行動に移す率先力の高さは、仕事では責任感や信頼性の高さに繋がります。周りからの評価が高ければ、さらに女性として人としての魅力度が増し、同性・異性からも慕われる素敵な女性になります。

 

本当の気遣い・気配りが自然にできる女性になるためには、日頃から誰に対しても思いやりを持って接するようにしましょう。イライラとストレスを抱えていると視野が狭くなり、相手の気持ちも空気も読めません。心に余裕を持って生活する事が大切です。

 

 

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。