あなたのシミを作る、意外すぎる6つの原因

肌荒れ・ニキビ

「顔は触れば触るほど、シミが増える」

紫外線が原因だと思っていたシミは、もしかしたらあなたの触りすぎが原因なのかもしれません。

 

特に、最近の女性に増えているのが「美容のやりすぎ」からくるシミ。たるみをとるための美顔器や、保湿のクリームのつけすぎがシミの原因になることもあるのです。シミの原因は「肌の炎症」「体の酸化」「食べ物」が大きく関わっています。

 

 

シミを作る意外なNG習慣とは? 

①化粧品によるシミは、こすりすぎが原因

アイシャドーやアイライナー、チークなど、色がついているメイク用品は要注意です。塗る時やメイクオフをする時の摩擦のせいで、肌に炎症が起こり、それがシミになってしまうことがあるからです。

 

それを予防するには、肌をなるべくこすらないようにすることが大事です。ウォータープルーフタイプの化粧品は使わないようにしましょう。たまに使うのはまだしも、毎日使うのは肌に負担がかかります。

 

 

②美顔器によるシミは、肌に刺激がありすぎる

顔の表面をコロコロで刺激する美顔器。適度に使用するぶんにはいい効果が期待できますが、ずっとやっていると肌が刺激されすぎてしまい、色素沈着してしまう可能性があります。

 

マッサージはやりすぎないことが肝心です。やる時間をきっちり決めて「1分間だけやる」などしましょう。特に乾燥肌の女性は、肌を刺激するような美顔器の使用法には充分気を付けましょう。

 

③クリームのシミは、肌の酸化のせいだった

保湿クリームやオイルは肌にいいもののはず。でも、それがシミの原因になっているのです。クリームやオイルに含まれている油分が肌の上で酸化すると、シミができやすくなります。そもそも、シミの元と言われているメラニン色素は、紫外線を浴びるだけではなく、肌の酸化でも増加します。

 

このシミは、ちゃんと洗顔することで予防することができます。夜に保湿ケアをしたなら、朝は必ず洗顔してクリームやオイルの残りかすを肌から落としましょう。見た目には汚れていなくても、ちゃんと洗顔することが美しい肌を保つ秘訣です

 

 

④お菓子の食べ過ぎでも、シミができる

お菓子の食べ過ぎでも、肌がだんだん黄色くなってシミができてしまうのです。お菓子をたくさん食べると、肌の老化促進物質「AGE」が作られます。

 

これが糖化という現象です。

 

お菓子は肌荒れを招きやすくする食べ物です。たとえば、クッキーは2枚程度で我慢する。糖分はできるだけ控えるなどして、肌を危険から守りましょう。

 

⑤メガネでもシミができてしまう!?

 

メガネでシミができてしまう!?と意外に思われる方もいるでしょう。しかし、メガネを支えるための鼻パッドは始終肌とこすれあい、皮圧迫しています。そのため、その部分に炎症が起こりやすくなるのです。その炎症をほったらかしにしていると、色素沈着が起きてシミができてしまいます。

 

それを予防したいなら、鼻パッドなしのメガネに買い替えるか、自分のメガネを調整することをおすすめします。

 

⑥運動が原因のシミは「やりすぎ」がダメ

ダイエットや代謝アップのために、激しい運動をする女性がいます。でも、疲れ切るまで運動をしてしまうと、呼吸が荒くなります。そのせいで活性酸素量も多くなり、それがメラニン色素の生成を招いてしまうのです結果としてシミができやすい体質になってしまうことがあります。

 

何事もやりすぎはよくありません。激しい運動ではなく、ウォーキングなどがおすすめです。適度な運動ならば代謝がアップして、肌のターンオーバーも促進されます。シミを薄くすることもできるかもしれません。

 

■最後に・・・

意外なことでも、肌のシミはできてしまいます。

できるだけ肌を刺激する行動は避け、シミができないような生活を心がけましょう。

 

関連する記事

人気の記事

最新サロン情報

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン