【お悩み別レシピあり】キッチンにある食材で贅沢スクラブを作っちゃおう!

ボディケア

1 キッチンにある食材で、「贅沢スクラブ」が作れます!

「毎日きちんとお手入れをしているのに、どうもお肌の透明感がないみたい。手触りだってゴワゴワしてるし、ファンデーションも綺麗につかない!」

 

こんな不満、感じていませんか?

 

冬場は気温が低下して空気も乾燥するので、肌は乾燥してくすんでついつい疲れて見えがちになります。どうにかして透明感のある肌に改善させたいのが女心。

 

エステに行きたいけれど、お小遣いはキビしいし、時間を作るのも大変!

 

そこでご提案です。

 

キッチンにある食材で、簡単に肌を変化させるスクラブが作れるのです。スクラブは、毛穴のお掃除が簡単にできますし、古い角質を除去してつるすべ素肌に仕上げられる人気のスキンケア・アイテムです。

 

貴女のお肌の悩みを改善するために、簡単にキッチンで作れる「贅沢スクラブ」の作り方を伝授しましょう。

 

2 「ベーシックスクラブ」の基本は、「塩」と「オイル」!

塩とオイルの配合比率をご紹介しましょう。

 

塩:オイル=1:2

 

この分量が「ベーシックスクラブ」で、はじめて試してみるのに簡単に作れるのでオススメです。ビギナーにつかいやすいオイルは、「オリーブオイル」です。

 

マカデミアナッツ・ココナッツオイル・アーモンドオイル・白胡麻オイルなどを使うのも○です。どのオイルも保湿効果が高く、美白効果やアンチエイジング効果が認められています。 

 

3 お肌の悩みに合わせて、配合する食材を変えてみましょう!

 

 お肌が乾燥してデリケートと感じたら…。

  

◎砂糖+オイル=1:2

 

塩を使わずに砂糖を混ぜます。砂糖は保湿スキンケアとして欧米でもよく使われてます。砂糖は溶けやすいので粒が残りにくく、負担をかけずに肌をしなやかに仕上げ、肌の吸水率が高めます。お砂糖だけを混ぜることで、マイルドな感触でマッサージできます。

 

 

◎(砂糖+ハチミツ)+オイル=3:4

 

1:1の割合で、砂糖とハチミツを混ぜます。デリケートスキンやアトピースキンでも使用可能な、しっとり仕上がりのスクラブが出来上がります。力を入れてこすらないことがポイントです。

 

 肌がベタつくと感じたら…。

 

 

◎すりおろしたリンゴ+ヨーグルト+ハチミツ=1/2:30g:大さじ1

 

リンゴに含まれるフルーツ酸は、古い角質を大掃除するピーリング効果が優秀です。ヨーグルトには美白効果や毛穴引き締め効果があります。

 

ベタつきやすい肌をさっぱりと仕上げ、くすみ改善効果が高いのが特徴です。冬場にはカサついて黒ずみが目立ちやすい、ヒジ・ヒザなどに使うのもオススメです。

 

ゆったりリラックスするには…。

 

◎砂糖:オイル:果汁=1:1:少々

 

お好みのフルーツを使って、気分をリフレッシュするのが「フルーツシュガースクラブ」です。

 

甘い香りでまったりするならイチゴ、すっきりしたい時にはレモン・グレープフルーツなどの柑橘系を使います。柑橘系は果汁だけでなく、皮を刻んで入れるのも○です。

 

◎塩:オイル:アロマオイル=1:2:少々

 

ベーシックスクラブに、お好みのアロマオイルを数滴加えたら「フローラルスクラブ」が完成です。お花の香りが心を落ち着けてくれるので、疲れた気持ちをリラックスさせることができます。ローズなどのドライフラワーを砕いて混ぜるのもアリです。 

 

◎ココアスクラブ  

 

ブラウンシュガー:ハチミツ:オイル:ココア=2:1:1:1

 

あまーい香りで気持ちを落ち着けたい方にオススメのスクラブです。 

 

4 スクラブを作る時、使う時の注意点

・肌が乾燥しやすい時は砂糖を使用、しっかりお掃除をしたい時には塩を使いましょう。

 

・スクラブを使う時は、肌を濡らしてから使いましょう。

 

・顔に使う時は力を入れすぎないように、目に入らないように注意しましょう。

 

・週に1~2回程度の使用を目安にして、使いすぎないようにしましょう。

 

・もし肌に異常がある場合は、即座に使用を中止し、状態によっては医師に相談してください。

 

・量を多めに作っておくと体にも使えます。

 

・果物やヨーグルトなどを混ぜなければ保存も可能です。

 

キッチンにある食材で、こんなに簡単にスクラブが作れるなんて嬉しいですね。お肌の悩みの合わせて、オリジナルの「贅沢スクラブ」を作ってみてはいかがですか?

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン