インナードライ肌、必見!効果的な化粧水の付け方!

スキンケア・美容法

そもそも、「インナードライ肌」ってどんな肌?

「肌質」と言えば、

 

・ノーマル肌(普通肌)

・ドライ肌(乾燥肌)

・オイリー肌(脂性肌)

・コンビネーション肌(乾燥型脂性肌)

 

この4タイプは聞いたことがあるし、自分の肌質がどのタイプって何となくわかる方も多いと思います。肌の水分や油分の多い少ないを、理想とする量と比較をして4つのタイプの肌の質で別けたものです。頬で肌質を見極め、ノーマル肌が水分と油分のバランスが最も良い肌とされます。

【photo by www.ca-girlstalk.jp】

水分も油分も少なければドライ肌、水分も油分も多ければオイリー肌、水分が少なく油分が多ければコンビネーション肌と分類されます。

 

肌質とは違い、10年程前から言われだした「インナードライ肌」って、どういった肌状態かわかりますか?

 

テカるほど肌表面には皮脂が分泌するのに、肌内部はカラカラに乾燥した砂漠状態のことです。実は8割以上の女性の肌が、インナードライ肌の疑いがあると言われています。最初にご紹介した肌表面の状態を見る「肌質」とは違い、もっと肌内部が乾燥していることを表現しているのが「インナードライ肌」です。

 

インナードライ肌は、肌内部が乾燥しているため新陳代謝が異常を起こし、外部からの刺激を保護する機能が低下します。いわゆるデリケートスキンの状態になり、肌荒れなどの肌トラブルが頻繁に起きやすく、乾燥による肌のくすみなどが気になるようになります。自覚症状がなく、オイリー肌と勘違いしている方も多いのです。

 

インナードライ肌か見極めるには?

自分の頬を見たり触ったりした時に、このような症状を感じたことはありませんか?

 

・キメが粗い

・毛穴が目立つ

・カサカサ乾燥が目立つ

・肌がテカるのにつっぱりやすい

・化粧ノリが悪い

・肌がデリケートだと感じる

 

それと最近よく聞くようになった「大人ニキビ」ですが、これもインナードライ肌にできやすいのです。肌表面がベタついてニキビが出るからと、10代のニキビ化粧品を使ってみるけれど改善できない、こんな場合はインナードライを疑いましょう。

【photo by www.sfuntours.com】

乾燥した角片が毛穴に詰まり、小さく白いブツブツができるのですが、顎先に目立つことが特徴です。肌表面はテカっていても内部に水分が不足していると、どんな肌質でも大人ニキビは出来安くなります。

 

インナードライを悪化させる要因として、「冷暖房」「空気の乾燥」「紫外線」などの外部要因と、「ストレス」「睡眠不足」「偏った食事」などの内部要因が考えられます。

 

インナードライ肌になると、

 

・新陳代謝のリズムが乱れる

・シワが目立つ

・ハリの低下

・シミが目立つ

・くすみが目立つ

 

こういった肌トラブルが気になるようになります。早速自分の頬を触ってみて、潤いがなくゴワついていないかをチェックしてみましょう。

 

インナードライ肌を改善する、化粧水の効果的な付け方!

◎ 洗顔後、化粧水を5分以内につける

【photo by slism.net】

洗顔後は時間が経過すればするほど、肌の潤いが蒸発して乾燥がひどくなります。

 

・セラミド

・ヒアルロン酸

・コラーゲン

・エラスチン

・グリセリン

・NMF(天然保湿因子)

 

このような保湿成分を含んだ化粧水をセレクトして、たっぷりと肌に付けるようにしましょう。

 

◎ 化粧水の使用量は?

【photo by www.earthcare-net.com】

「浴びるように。」をイメージしてください。そもそも普通でも乾燥してしまうのに、ケチケチ使っていては改善効果が望めません。

 

化粧水のタイプやメーカーによって若干違いがありますが、100円玉・500円玉などの表記されている使用量以上使うことをおすすめします。一度に付けるのではなく小分けで2回・3回重ね付けすると効果的です。

 

◎ パッティングはするの?しないの?

【photo by www.natural-s.jp】

肌表面がベタつきやすい方は毛穴を引き締める意味も込めて、「パッティング」が効果的と考える方も多いのです。ですがこのパッティング、オイリー肌の方は力が入りやすい特徴があり、パンパン叩くことで肌に負担がかかります。

 

毛細血管を破損することもあるので、「赤ら顔」の原因につながります。もしパッティングする場合には、「トントン」くらいの力の入れ具合でパッティングをしましょう。

 

◎ コットンは使用する?しない?

【photo by googirl.jp】

コットンの使用はお好みで大丈夫です。双方にメリット・デメリット・注意点がありますからご紹介しておきます。

 

・手で付ける場合

(メリット)

肌に負担をかけにくい

 

(デメリット)

手に化粧水が浸透して顔に吸収される量が少なくなる

こぼれやすく、付けムラができやすい

 

(注意点)

手のひら全体でまんべんなくつける

凹んだ部分は指先を使う

 

 

・コットンで付ける場合

(メリット)

化粧水がまんべんなく肌に付けられる

重ね付けがしやすい

 

(デメリット)

肌に負担がかかりやすい

 

(注意点)

力加減に気をつけてこすらないようにする

ナイロン配合のコットンは肌を傷つける

綿100%で減農薬・無農薬のコットンを選ぶ

 

どちらの場合も面積の広い頬・額・顎先の順番で伸ばし、細かい部分の鼻の周り、目の周りなど忘れないように付けます。顔と同じく首やデコルテ部分も露出する機会が多いですから、顔と同じケアをしておくことをおすすめします。

 

これからの寒い季節、インナードライ肌の状態は更に悪化しやすくなります。保湿効果の高い化粧水をたっぷりと使って、肌内部の乾燥を改善していきましょう。

 

あなたが綺麗になるためのサロン探し

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン