お弁当でおかずダイエットをはじめよう♪

ダイエット

 ダイエットをするなら毎日の食生活を改善することが大切です。これまでは、コンビニのお弁当や外食でお昼を済ませていたという方も、効率良く健康的に痩せるなら「お弁当」を作るのが1番です。手作りなら、カロリーコントロールしやすく、脂質や糖質を抑えることが出来ます。お弁当のおかずダイエットを目指す方におすすめのレシピのコツをご紹介します。

 

【photo by josei-bigaku.jp】

 

ダイエット向けのおかずの選び方

ダイエット向けのお弁当のおかずを選ぶ時は、揚げ物のようなカロリーや脂質が高すぎるものは出来るだけ控えるようにしましょう。しかし、少ない量でカロリーを抑えようとするとお腹が空いて日中の活動が低下し、せっかくの消費カロリータイムが減ってしいまう事になります。

 

そのため、ヘルシーで満足感のあるお弁当のおかずにする事がポイントです。特に、食事の量を減らしてしまうと必要な栄養素が補えず、脂肪燃焼効果が低い痩せにくいカラダを作ってしまうので要注意。

【photo by alica-fukui.com】

 

・栄養が豊富

・歯ごたえがある

・カロリーが低い

 

この3つのポイントを押さえておかず選びをするとダイエット向きのお弁当になります。

時間がない方は、市販の冷凍食品を使いたくなるかもしれませんが、時間がある時に手作りをして冷凍庫で保存したり、日持ちがするおかずをストックしておく方がヘルシーです。

 

おかず作りにおすすめの食材

●野菜

野菜を使ったおかずは、栄養も豊富なうえに彩りも良く、歯ごたえがあるため満腹感も得られます。例えば、ブロッコリーやニンジンは彩りが良く、茹でてマヨネーズをかけるだけでも立派なおかずです。レンコンやゴボウは、キンピラ、煮物、炒め物に使えて歯ごたえも良く、食物繊維が豊富なのでデトックス効果もあります。

 

●大豆製品

 

豆腐、おから、大豆は、畑のお肉と言われるほど良質なタンパク質が補えます。タンパク質は、筋肉を動かすエネルギー源となりますので、ダイエット中には積極的に摂りたい栄養素です。豆腐やおからは、ひき肉の変わりとしてコロッケやハンバーグに変身させることも可能なので、揚げ物やお肉といったカロリーオーバーしがちなおかずの代用に使えば、満足感がたっぷりでストレスが軽減されます。

【photo by oceans-nadia.com】

 

●きのこ

きのこはローカロリーで食物繊維が豊富です。ソテーにすれば時間がない時でも簡単に美味しいおかずになります。また、炊き込みご飯としてお米と一緒に炊けば、ボリューム感が出るので、ローカロリーでも食べごたえのあるお弁当になりますよ。

 

●肉類

ダイエット中だからといってお肉をやめる必要はありません。豚肉は脂肪燃焼に効果的なビタミンBが含まれていますし、鶏肉はむね肉やささみを選べば低カロリー高タンパク質で栄養価が高いダイエット向けの食材です。蒸し焼きにすればカロリーを抑える事ができ、ショウガ焼きにすれば代謝アップの効果が得られます。お弁当のメインのおかずとして加えましょう。

 

ダイエットにはお弁当の箱選びも重要!

食べ過ぎを予防するためには、お弁当箱のサイズ選びも重要です。お弁当のサイズは、ml単位で販売されています。ダイエット中のお弁当は、600カロリー前後に抑えると良いとされていますので、およそ600mlサイズのお弁当箱がダイエット向きになります。コンビニのお弁当は、800~1000カロリー以上の場合もあるので、お弁当にすれば大幅なカロリーカットに繋がります。

 

また、近頃はお弁当用のスープボトルも豊富に販売されているので、お味噌汁や野菜スープを持参すれば、栄養たっぷりのエキスを無理なく補え、満腹感が得られるので一石二鳥ですよ。保温性の高いボトルなら、体を温めることもできるので代謝アップも期待できます。

【photo by topicks.jp】

関連する記事

人気の記事

最新サロン情報

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン