ウザイ女になってない?大人の恋愛でLINEを上手に使う方法

ライフスタイル

 

 

今や連絡ツールは、メールではなく「LINE」が当たり前の時代となりました。レスポンスが早くタイムレスでやり取りができるLINEは、恋愛においても重要なツールです。

 

しかし、しばらく恋愛がご無沙汰だった方は、気になる男性とのLINEのやり取りをスタートさせても、メールとは違った感覚に戸惑ってしまう事はないでしょうか?

 

便利なLINEは、時としてウザイと思われてしまう事もあります。

特に、大人の恋愛においては、使い方を誤ってしまうと痛い女性に映ってしまいます。

気になる男性がいる方は、好感を持ってもらえるよう上手にLINEを使いこなしましょう。

 

【photo by atagency.net】

 

スタンプの使い方

これまでのメールの機能と大幅に違うLINEの機能と言えば「スタンプ」です。クリエイターズスタンプの種類も増え、使用するスタンプによって個性が現れます。

 

無料で付いているスタンプや絵文字だけではなく、有料のスタンプを使うことで相手のセンスがわかります。好きなキャラクターが同じなど、共通点があればトークが盛り上がることもありますが、女性らしい可愛いスタンプは、どんな男性にでも好感度が高いので、インパクトが強いものより万人ウケするスタンプを使うのがおすすめです。

 

ただし、スタンプの乱用はNGです。連続してスタンプを使ったり、スタンプを使いすぎると相手に引かれることがあります。文章がなく、スタンプばかりではコミュニケーションを取りたくないように思われてしまいます。また、有料スタンプの使い過ぎは、飽きっぽく散財するイメージが付くので、マイナス評価に繋がることもあるため注意してください。

 

LINEの頻度

タイムレスなLINEは、会話のようにやり取りができるところが魅力的ですが、相手が返事をしてくれるからといって送りすぎてしまう事はNGです。

 

特に、深夜や早朝の時間帯は、相手が寝ていることもあるため、ウザイと思われがちです。大人の女性なら、LINEばかりに依存している姿も男性からすると魅力的に思えませんので、相手が負担に感じるほど頻繁にLINEを送りつけないように注意しましょう。

 

メールが苦手な男性が多いように、基本的にはLINEが苦手という男性は多いため、男性のペースに合わせる事がポイントです。恋人同士でなければ、1日1回のLINEでも十分やり取りをしていると言えます。

 

気になる男性からは、もっとLINEをして欲しいと考えがちですが、LINEが全てではありません。LINEで距離を縮めたり仲を深めることに重点を置くよりも、あくまでも連絡ツールとして活用しましょう。実際に会った時やデートの時間に仲を深めた方が、大人の恋愛では素敵な女性として好印象を与えますよ。

 

 

【photo by pixgood.com】

 

既読に振り回されない

LINEに振り回されてしまう方は、「既読」が付いた付かないで一喜一憂しがちです。既読になったにも関わらず連絡がない、いわゆる「既読スルー」の状態になると、返事がないのにコチラから連絡を取る女性もいますよね。ウザイ女性になりがちなポイントでもありますので、ひとまず落ち着きましょう。

 

仕事をしている男性は、LINEを見ることが出来ても、返事をするほど時間や気持ちに余裕がない事もあります。スタンプだけでも返せばいいじゃない!と思う女性もいますが、相手の事を真剣に考えるからこそ、きちんと時間がある時に返事をしたいと考える男性もいるのです。

 

また、既読にならないからといってブロックされたのでは?シカトされてるのでは?とヤキモキするくらいなら、コチラからLINEをしないようにしましょう。

LINEのやり取りをする中で、たとえ盛り上がったとしても男性からLINEが来た段階で終了すれば、主導権はコチラが握っていることになりますので、返事がない!既読にならない!といった不安を抱くことがありません。

 

そして、LINEに依存しすぎない女性の方が、大人として充実した生活を送っているように見えますので、好感度がアップします。

 

【photo by magazine.campus-web.jp】

関連する記事

人気の記事

最新サロン情報

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン