嫌な匂いの正体は雑菌!?匂いには昔ながらのミョウバン石鹸!

ビューティ

 

むしむしじめじめ、湿気の多い日本の夏は、不快感との戦いです。

気温が高くなるから汗をたっぷりかくのに、それがしけった空気のもとで蒸発されず、嫌な臭いになってしまう……そんな経験は、誰でももちあわせているのではないでしょうか。そんなとき、市販の制汗スプレーやクリームを使用する人は多いと思いますが、これらの商品は使用しすぎると、皮膚の機能を衰えさせ、かえって汗のにおいをひどくしてしまう恐れもあるので注意しましょう。

 

最も安全でお勧めできるのはミョウバン石鹸です。

ミョウバンは、水に溶けると酸性になり、汗による雑菌の活動を抑えてくれるといわれています。また汗のにおいの主成分であるアンモニアはアルカリ性なので、ミョウバンの酸性によってその働きが打ち消されていきます。日頃からミョウバン石鹸を用いてワキや足を洗っていると、皮膚が弱酸性に保たれやすくなるので、いやな臭いや雑菌によるかぶれを抑えることにつながります。性器回りの匂い対策にもおすすめです。

 

ミョウバン石鹸にプラスしてミョウバンスプレーを使えば、今年の夏は不快な匂いとはすっかりおさらばしましょう。

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。