イケメンなのに私服がダサい!残念彼氏を改造するには?

LOVE ライター:

「彼のことは好きだけど、彼の私服がすごくダサくて……」

実は意外と多いこんな悩み。「それダサいよ」と指摘したら彼を傷つけそうで、なかなか言えないんですよね。

 

顔はイケメンなのに、私服がすごーく残念!そんな残念彼氏を傷つけることなく、上手に改造するための方法を探ります!

彼の私服はこだわり派?それとも無頓着派?

実は「付き合う彼の洋服のセンス」を重要視する女性は、全体の70%と言われています。それくらい彼氏の洋服センスは大事、ということですよね。

 

彼の私服がダサい。一言でそう言っても、実は「ダサい」服装には2種類あります。それが独特のファッションセンスを持ったこだわり派と、洋服には興味がない無頓着派です。

 

たとえば「こだわり派」は、高いブランドでかためていたり、好きなブランドで全身を揃えていたりします。じゃらじゃらアクセサリーをつけているのも、こだわり派ですよね。そこから派生して「頑張りすぎて間違えている派」もあるんですが、ここでは一括りに「こだわり派」に入れておきましょう。

 

「無頓着派」は、とにかく着れれば何でもいいと考えているタイプです。それ何年前から着ているの?と不思議になるくらい襟首がヨレヨレになっていたり、いつ何時でも同じ洋服を着ていたりします。洋服に無頓着な男性は、同じように髪型や持ち物にも無頓着なので、持ち物もダサい……と悲しいことになりがち。

 

 

残念彼氏1 こだわり派は褒めて伸ばす!

こだわり派は、独自のファッションセンスを持っているだけで洋服が好きです。洋服にプライドがあるので、いくら彼から正直に言ってほしいと頼まれても「ダサい」と言葉にするのはNG!

 

褒めて伸ばすのが◎

ダサいとは口にせず、「こういう洋服も似合うと思うよ!」と、雑誌や店頭でそれとなく口にして種をまいておきましょう。そうすることで、彼も新しい服装へ興味を持ち、チャレンジしやすい環境が整います。

 

彼と一緒に買い物に行くときは、「これ絶対に似合うから試着してみない?」と頼んでみましょう。褒められていると感じているので、ここで断ることはまずありません。

 

試着をした後は、必ず褒めてあげましょう。こういう系の洋服もいいね!と無邪気に褒めてあげれば、彼も悪い気はしないはずです。

 

 

口出ししすぎるのは逆効果

褒めて伸ばすのは良いのですが、気をつけたいのは、良かれと思ってアドバイスをしすぎないこと。あまり口出しすると逆効果になり、彼のプライドを傷つけてしまうかもしれません。

 

あまりに自分の好みを押し付けすぎると、彼は楽しくなくなり、一緒に買い物に行くことを苦痛に感じるようになってしまいます。できるだけ彼の好みに沿うようにして、口出しは最小限にとどめておきましょう。

 

そして自分が良いと思ったチョイスに挑戦してくれた時に、しっかり褒めてあげられれば、意外とすぐに改善できるかもしれません。

 

 

残念彼氏2 無頓着派は一緒にお買い物に行こう

無頓着派の多くは、洋服ではなく別の何かにお金をかけているタイプです。興味が違う場所へ流れているので、私服なんてどうでもいいと考えているのです。お金をあまりかけたくないと考えているので、お金をかけないオシャレについて考えてあげましょう。

 

ファストファッションを知ってもらう

高い洋服を買わなくても、ユニクロやGU、H&Mなどの安いファストファッションでも、十分に着こなすことってできますよね。まずそれを彼にわかってもらいましょう。

 

たとえばユニクロなどで基本アイテムを揃えておけば、あとは何とでもなりますよね。流行にもそれほど左右されず、意外と長持ちするので、無頓着派の彼氏でもそれほど出費が痛いとは思わないでしょう。もちろん一緒に選び、褒めてあげることは必須です!

 

 

靴などの小物はプレゼントして気分を高める

おしゃれは足元から、という言葉がありますが、そういった言葉は一部の上級おしゃれさんに任せましょう。人はそれほど人の足元を見ていません。変でなければ問題ないんです。

 

靴などの小物類まで気をつけるとお金がかかるので、思い切って靴はプレゼントするのも良いですよね。コンバースなどの一般的なスニーカーであれば、それほど流行に左右されませんし、だいたいの洋服に合わせられるのでオススメです。

 

プレゼントしてもらえた嬉しさから、彼の洋服に対するモチベーションも上がるので、きっと事態は好転するはずですよ。

 

 

ダサいを楽しんで長期戦で挑もう

「ここまでやっても、彼の私服がどうしてもダサいまま!」

もしかすると、彼の私服改善の壁がはるかに高く、どうしても手に負えない時もあるかもしれませんよね。

 

でも「ここまでやっても変わらない!」と思う時、ダサいから別れようとは思いませんよね。それだけ手を尽くしても彼のセンスが改善できない、と嘆いているくらいに一緒にいるなら、もうすでに「仕方ないなあ」と笑っていると思います。

 

流行は常に変わるもので、昔はかっこよかったものも、今ではダサかったりします。もちろんその逆もあります。2017年はダサセーターが流行って、どう見てもダサい!という柄のセーターを着ているオシャレ上級者はたくさんいましたよね。

 

少し改善できたらラッキーと思うくらいにして、ダサいを楽しむのも手かもしれません。なにより結局は、彼氏彼女の関係なんて、幸せなら何でもいいんですよね。

 

この記事を書いた人

きみぽん

きみぽん

婚活中の30代女子です。今更ですが、美容に目覚めました。家庭用脱毛器に興味があるので、どんどん試して皆様に発信していきますね。

あなたが綺麗になるためのサロン探し

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン