男性は二の腕が好き?触りたくなる条件、細く柔らかくする方法

男性の心理・本音

あなたは自分の二の腕に自信がありますか?

 

ノースリーブを着るのはちょっとためらわれる。自信なんかない。という人も多いのではないでしょうか?

 

二の腕は女性の体の中でも特徴的な部位のひとつで、男性の中には「二の腕フェチ」という人も数多く、男性が好きなパーツです☆

 

それなのに、二の腕を隠して生きていくなんてもったいない!

 

今回は、触りたくなる二の腕の条件やキレイな二の腕を手に入れる方法についてご紹介します♪

 

男性が触りたくなる女性の二の腕、その条件とは?

まずは、触りたくなる二の腕とはどんなものかについて見ていきましょう。ひとつずつ、自分の二の腕と照らし合わせながら読み進めてみてくださいね♪

 

◎柔らかいけど引き締まっている

いくら二の腕フェチが多いといっても、ガリガリに細い二の腕や脂肪がつきすぎた二の腕が好きな人は少ないですよね。

 

気持ちの良い柔らかさがありつつ、程よく引き締まっている。これが、触りたくなる二の腕の第一条件と言えそうです。

 

二の腕は肉が付きやすいパーツで、何もせずにいるとどんどんたるんできてしまいます。意識的にマッサージやトレーニングをし、適度に細く、柔らかく、丁度いいラインをキープすることが大切です。

 

◎なめらかな触り心地

いくら二の腕のラインがキレイでも、カサカサしていたら全て台無しですよね。

 

しっかりと保湿がされていて、なめらかな触り心地であることも重要なポイントです。摩擦などには十分と注意して、乾燥を予防したいですね。

 

◎肌本来の白さは絶対条件

こんがりと日焼けした肌より、肌本来の白さがある方がふんわりと柔らかく見えて、思わず触りたくなりますよね。

 

特に夏場は、半袖焼けなどに注意したいところ。ちょうど二の腕のところが黒く、たくましくなってしまっていては、触りたくなる気持ちもどこかへ消えてしまいますよね。

 

キレイな二の腕を手に入れる方法

触りたくなる二の腕の条件が分かったところで、ここからは実際に、男性が大好き!キレイな二の腕を手に入れる方法についてご紹介します。今すぐにでも始められることばかりですよ♪

 

リンパマッサージ

二の腕のラインをスッキリさせるには、リンパマッサージが効果的です。

 

まず片方の手で肘の辺りを掴み、そのまま肘から脇下にかけて手を滑らせるように動かします。滞ったリンパを流すように意識しながら、脇下へ流していきます。

 

これを片方ずつ繰り返すことでリンパの流れが良くなり、程よくほっそりした二の腕を手に入れられますよ☆

 

壁腕立て伏せ

マッサージで少し物足りなさを感じる場合は、トレーニングとして壁腕立て伏せがおすすめです。

 

通常の腕立て伏せは床でやりますが、それを壁で行うだけ。5分程度の隙間時間があれば、自宅でも職場でもできますよ☆

 

しかもこれ、二の腕が引き締まるだけではなく、バストアップ効果もあるので一石二鳥なんですよ♪

 

保湿をしっかり行う

前記の通り、カサカサした状態では決して「触りたくなる二の腕」とは言えません。実は二の腕は、体の中でも特に皮膚が薄く、乾燥しやすい場所なんです。

 

乾燥が気になる時期でなくても、日頃からお風呂上がりにはクリームやオイルなどで十分に保湿し、乾燥を防ぎましょう。

 

UV対策を行う

肌本来の白さを持っていることも、触りたくなる二の腕の条件のひとつでしたね。特に半袖の時期はUV対策をしっかり行い、二の腕がモノトーン状態にならないように注意してくださいね。

 

車を運転する場合は、窓に近い右腕だけが日焼けしてしまうこともありますので、アームカバーを利用することをおすすめします☆

 

触りたくなる二の腕で男性を虜に?

いかがでしたか?触りたくなる二の腕の条件や、そんな二の腕を手に入れるための方法がお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

どれもすぐに始められるものばかりなので、早速今日から実践してみてくださいね☆

 

マッサージや保湿など、一つ一つを見ると小さいことですが、これらを日々継続して行うことで理想の二の腕を手に入れることができますよ。

 

次の夏にはきっと、ノースリーブを着て二の腕を周りに見せつけたくなるはず!誰もが触りたくなるようなキレイな二の腕を手に入れて、周囲を虜にしちゃいましょう♪

関連する記事

人気の記事

最新サロン情報

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン