お肌をキレイに保つ美肌菌! 増やすには汗が大切!?

スキンケア・美容法

美肌作りのためにも、洗顔やスキンケアは念入りに行ないたいもの。でも、洗いすぎ、ケアしすぎは禁物です。

 

というのも、陰ながら健康美肌を保つ役割を果たすのは、「美肌菌」と呼ばれる菌だから。菌が肌に棲みついている菌には不潔なイメージが伴いますが、この美肌菌のおかげで、肌は美しくなるのです。

 

でも、そもそも美肌菌はどのような菌で、どんな効果があり、いかなる方法で増やすことができるのでしょうか…?

 

そもそも「美肌菌」って何?

美肌菌とは、美肌作りのサポートを手伝ってくれる菌のことですが、具体的にはどのような菌なのでしょうか。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌と美肌の関係

人間の皮膚には10種類以上にも及ぶ、常在菌と呼ばれる菌が棲みついています。この常在菌と呼ばれる菌の中には、善玉菌と悪玉菌と呼ばれる菌が存在しており、前者が美肌菌と呼ばれるものです。

 

美肌菌と呼ばれる善玉菌は、正確には表皮ブドウ球菌のことを指しており、きめ細やかな肌を保ってくれます。

 

一方、悪玉菌は黄色ブドウ球菌など、肌のトラブルを引き起こす原因となる菌です。さらに、常在菌の中には、善玉菌・悪玉菌のどちらにも分類されない、日和見菌と呼ばれる菌も存在します。

 

日和見菌は肌の状態により、良い効果も悪い効果ももたらす菌であり、ニキビの原因となるアクネ菌が代表的です。

 

美肌菌の効果とは…?

肌を美しく保ってくれる美肌菌には、一体どのような効果があるのでしょうか。

 

美肌菌と呼ばれる表皮ブドウ菌には、グリセリンを生み出す働きがあります。グリセリンは弱酸性の成分で、皮膚の潤いを保ち、つやつやとしたきめ細やかな皮膚へと導いてくれます。

 

また、グリセリンには、悪玉菌を繁殖させないという特徴があります。さらに、表皮ブドウ菌は角質層の潤い成分であるセラミドを作り出します。

 

美肌菌である表皮ブドウ菌にはこのような効果があるため、美肌に効くのですね。

 

美肌菌を増やすには汗が必要!?

美肌づくりのために良かれと思って日々洗顔を行ないますが、実は洗顔により、美肌菌は流されてしまいます。汗や皮脂を食べることで増殖するため、洗顔で汚れをすっかり落してしまうと美肌菌が繁殖しないのです。

 

ある程度の汗をかくことで、美肌効果が期待できるのですね。半身浴やジムなどで適度に汗をかくことで、美肌菌を増やし、美しい肌を生み出すことができます。

 

最近は1年を通してエアコンの効いた部屋で過ごすために、汗をかく機会が減っています。本来汗をかくということは、代謝機能が働いていることを意味するため、美容全般に効果があるのです。美容全般のためにも、美肌のためにも、しっかりと汗のかける体質を目指しましょう。

 

美肌菌を増やす別の方法は?

美肌作りのためにも、汗が大事であることが分かりました。では、美肌菌を増やすための方法としては、他にどのようなものがあるのでしょうか。

 

加湿を心がける

美肌菌を増やす鍵は温度と湿度のバランスです。春から夏にかけては気温も湿度も上がりますが、秋から冬にかけては気温も湿度も下がるため、美肌菌が減少しがちです。そのため、この季節には美肌菌に最適な60%の湿度を保てるよう、加湿器や部屋干しなどの工夫を心がけてみてください。

 

冷えを改善する

冷え性に悩まされている方も多いのではないでしょうか。実は、美肌菌は冷えに弱く、体が冷えてしまうと繁殖が滞ってしまいます。というのも、美肌菌は人間の体温で活性化するためです。冷え性を改善することで、代謝も上がるので、美容健康にも効果的ですね。

 

化粧品を使い過ぎない

化粧品には防腐剤が使われているため、使用し過ぎることで美肌菌の繁殖を妨げてしまいます。基本的に、化粧品には菌を増やさない効果があるので、多くの量を使ったり、重ねづけし過ぎたりしないように注意しましょう。

 

美肌菌の繁殖しやすい環境を作ろう!

菌とはいえ、不潔なものだけではなく、肌をきれいに保つ美肌菌のような菌も存在するのですね。適度な汗を流し、美肌菌が繁殖しやすいような環境を作れるよう、普段から意識してみましょう。

あなたが綺麗になるためのサロン探し

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン