職場の年下男性からの脈ありサイン5選!

男性の心理・本音

職場においては、その立場上、年下男性は年上の女性に対してアプローチしにくいもの。部下でありながらも、1人の男性であるという複雑な状態にありながら、好意を抱く年上女性にはどのように接するのでしょうか。

 

アプローチの仕方は十人十色ですが、職場という条件を考慮に入れると、好意を抱く女性に対するある共通の行動が見られます。

 

今回は、職場の年下男性からの脈ありサインを5つご紹介します。

 

1・仕事の相談を持ちかける

年下の男性は職場において、部下という立場に立っているため、好意を寄せる上司の女性には積極的に仕事の相談を持ちかけます。

 

相談を行うことで、女性上司と言葉を交わす機会を増やし、距離を縮めようと試みているのです。好きな相手が上司であると。なかなか雑談のみの会話はしにくいものですが、「仕事の相談」という理由を作ることで、ぐっと近づくことができるのです。

 

仕事の相談だけでなく、プライベートな雑談も会話の中に混ざっていれば、脈ありサインだと言えるでしょう。

 

仕事の相談を持ちかけるということは、相手の女性に信頼のみならず、安心感を抱いている証拠でもあります。年下の男性から仕事の相談を受けた時には、相手の話に耳を傾け、受け止めてあげましょう。

 

2・困難にぶつかった時に甘えてくる

年下の男性ならではの傾向として挙げられるのが、仕事上で困難にぶつかった時に甘えてくるということです。仕事である程度の責任を負わなければならないプレッシャーを抱えていると、好きな相手からは優しく接してもらいたいと思うものです。

 

仕事上の一大局面に差し掛かった時でも、他の上司の前ではポーカーフェイスを崩さない部下が、自分の前では素のままの気持ちをさらけ出し、癒しを求めてくるのであれば、これも大きな脈ありサインなのです。

 

年下の男性が甘えてきた時には、優しく受け止めながらも、そっと背中を押すような言動を心がけると、心を通わせることができます。

 

3・優しい気遣い

仕事においては、あくまでも部下の身分であり、上司である女性の方が上の立場に立っています。しかし、男性の振舞いを注意深く見てみると、好意を寄せる上司に対しては優しくリードする、といった行動が見受けられます。

 

道を並んで歩く時に、さりげなく車道側を歩く、ドアを開けておさえていてくれる、段差のある場所では転ばないよう手を差し出してくれる、などの気遣いがあれば、好意に気づいて欲しいというサインです。

 

このような、ちょっとした気遣いを通して、部下という立場ではなく、1人の男性として認識されることを望んでいるのです。

 

優しく接してくれた時には、「ありがとう。よく気が利くね」と褒めてあげましょう。相手の好意に気づいていることを伝えれば、年下の男性もより一層距離を縮めてくるでしょう。

 

ただ、誰にでも紳士的に振る舞う男性もおり、その場合は特に興味を寄せているわけではありません。自分にだけ、優しく振る舞っているかどうか、注意深く見てみましょう。

 

4・背伸びした強さを見せる

部下・年下という立場だと、自ずと年上の女性から指導を受けることが多く、頼れる姿を見せにくいものです。しかし、部下としての立場と、男性としての立場に立つジレンマから抜け出すために、少し背伸びをした強さをアピールすることもあります。

 

一緒に話している時に、学生時代に成功したことや最近の自慢話などが多い場合は、好意を抱いていることが多いのです。特に、男性は好きな女性に対して「自分の能力の高さを認めて欲しい」という承認欲求を持つことが多い傾向にあります。

 

自慢話が多くても煙たがらず、最後まで話を聞いて褒めることができれば、年下男性も自信を持ってさらなるアプローチに進むことができます。

 

5・メールでコミュニケーションを取ろうとする

職場において直接言葉を交わす機会は少なくとも、メールを頻繁に送ってくる年下男性もいます。最低でも1週間に1回、プライベートな内容を含んだメールが送られてくるのであれば、かなり脈ありであると言えます。

 

週末の予定を尋ねるような質問、趣味の話など仕事以外の話が出ていれば、相手を上司として見るだけでなく、好意を抱く一人の女性と見なしている可能性が高いのです。

 

加えて、メールが送られてくる時間帯についても注意してみましょう。仕事が終わり、家に着いた後の時間帯に、丁寧なメールを送ってくるのであれば、少しでもきちんとしたメッセージを送りたいという気持ちを持っている証拠です。

 

「健康に気を付けてください」、「週末はゆっくり休んでください」などの言葉が添えられていれば、こちらも好意を持って気遣いを返してあげましょう。次第にお互い思いやる関係を築いてゆくことで、距離も近づくのです。

 

年下男性にはちょっとしたサポートを

年下男性には頼りない面があるものですが、そこも1つの大きな魅力ではないでしょうか。年上女性として、ちょっと手を差し伸べたくなるような場面も多々あるものです。

 

好意のサインをキャッチして、さりげなく誘導しながら、お互いの距離を縮めて行きましょう。

関連する記事

人気の記事

最新サロン情報

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン