男の優しさには下心あり?見抜く方法と対策

男性の心理・本音

女性の優しさと男性の優しさはまったくの別物です。女性側のものさしで男性の優しさをはかってしまうと、下心のある男性の思うままとなる可能性、なきにしもあらず。

 

 

好きな相手でない場合はともかく、少し気になる男性が相手である場合、優しさに流され、後で後悔してしまうこともあるものです。

 

そのような事態を回避するためにも、下心を持った男性の特徴をあらかじめつかんでおきましょう。

 

やたらと褒めてくる

やたらと褒めてくる男性はたいてい下心を持って女性に接するものです。男女限らず、人は褒められるとその相手に好意を抱くようになります。

 

ある程度、好感の持てる異性に褒められると、嬉しく思ってしまうものです。

 

しかし、その時こそ、自分の心の状態に最大限の注意を払う必要があるのです。下心のある男性は褒めることで女性の気持ちをほどき、緩ませ、その隙に自分の要求を飲み込ませようと窺っているのです。

 

「とても綺麗だから、たくさんの男に言い寄られるんじゃないかな」などと喜ばせるような言葉を降りそそぐ男性に出会ったら、あくまでも心からの褒め言葉ではないのだということを思い起こしましょう。

 

「そう?ありがとう」と軽く受け流し、こちらからは特に好意を返さないことが大切です。

 

ボディタッチが多い

ボディタッチは相手に安心感を持たせる優れた技術です。そっと手が触れる機会が多いと、こちらも相手を許してしまい、心に隙ができます。

 

しかし、下心のある男性はこのテクニックを濫用して、女性の気持ちを操ろうとうかがっているのです。

 

手が少し触れることが1、2回なら特段下心があるわけではありませんが、物を渡すたびに手が不自然に触れるのであれば、疑った方が良いでしょう。

 

相手から何度も安心感を与えるようなボディタッチを受けた時には、騙されつつあると自覚する必要があるのです。心理的・物理的な距離を作って自分を守ることが大切です。

 

冗談半分で「ボディタッチ多いけど、誰にでも触ってるんでしょ?」と明るい調子でからかってみることで、相手も下心を見抜かれたと認識し、それ以上触ろうとはしないでしょう。

 

付き合っていないのに家まで送る

もう一つ、下心のある男性の特徴として挙げられるのは、付き合っていないのにもかかわらず、丁寧に家まで送ってくれるということです。女性を家まで送る行為は一見親切なようにも思えますが、長い時間を過ごしたい、一緒に話したいという純粋な理由だけではありません。

 

親切にしたことで、ある意味見返りを求めています。帰る時間が深夜であれば、あわよくば泊めてもらおうと考える人も多いのです。ましてお酒が入っているとき、そのように求められる可能性は計り知れません。

 

終電近くの時刻に、家まで送ろうかと提案してくる男性には、きっぱりと自分の足で帰るから大丈夫、と伝えましょう。危ないから送るよ、と言い返されるかもしれませんが、週に何回か終電で帰っているから、と伝えればそれ以上詰め寄ってはきません。

 

聴き役に徹し、相談相手になろうとする

相手によるものですが、会話は自然と進んでゆくものです。自分のことについて話せば、相手のことについて尋ねるでしょう。

 

相手の意見・考えに耳を傾ければ共感だけでなく、指摘を受けることもあります。フランクな関係であれば、あるいは本気で相手を想っているのであれば、このような会話が成り立ちます。

 

しかし、下心のある男性との会話はちょっと違うものです。彼らはたいていの場合、聞き役に徹し、自分のことは話さず、女性に質問を投げかけます。

 

悩みごとを上手く聞き出せたときには、ひたすら共感を示し、理解しているかのような素振りを見せるのも特徴。女性の気を損ねないよう「これは違うんじゃない?」という発言はしません。

 

このような場面に出くわしたら、相手の質問への受け答えは手短に済ませ、逆に聞き役に回りましょう。こうすることで、特に自分のことを話したいわけでなく、共感も要らないことを示唆するのです。

 

お酒の席での不必要な援助

お酒の入る席で酔ってしまったとき、肩を貸すなど何らかの行動を取る男性には下心のある可能性が大きいものです。重大な泥酔状態であればサポートは必要ですが、なんとなく眠ってしまう程度であれば、それほどの助けは要らないものです。

 

そのようなときに、肩を貸したり頭を撫でたりするのであれば、とにかく触れたいという下心が強く表れている証拠です。

 

そんなときには物理的な距離を空け、手の届かない場所に移動するか、一人にしておいて欲しいと伝えることが大切です。

 

個人差はあります。でも見極めが大事!

本当に好意を寄せており、相手を大事にしたいと考えている男性であれば、不自然な気遣いはなく、相手の話に耳を傾けながらも意見は率直です。また、好きな女性に触れたい思いがあっても、むやみに触ろうとはしません。

 

しかし、下心のある男性は不自然なほどに親切で、しきりに距離を近づけようとします。一概に優しい男性に下心があるとは言えませんが、″優しさのしつこい男性″には心を許さないよう意識しましょう。

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン