甘酒は肌に塗っても効果的?甘酒パック・化粧水の作り方

スキンケア・美容法

冬なると身近な甘酒ですが、この時期にしか飲まないのはもったいない!というのも、女性の美容と健康には、甘酒が大きな効果をもたらしてくれるからです。

 

「甘酒は健康に良い」とはよく聞きますが、その効能・使い方を正確に知っているでしょうか。甘酒の特性を理解して日常的に摂取すれば、健康的で美しいお肌を保てます。

 

 

その上、実はこの甘酒、飲むだけでなく肌に塗ることもできてしまうのです。早速、甘酒の効果やお肌に塗る方法について確認してまいりましょう。

 

甘酒の効果とは?

「飲む点滴」として知られる甘酒は、その呼び名の通り健康に効果的な飲み物です。具体的にどのような効果があるのかというと、次のようになります。

 

▶便秘解消

オリゴ糖、食物繊維の働きで便通を改善。

 

▶美白効果・美肌効果

豊富に含まれるビタミンB群でお肌が健康的に。

 

▶アンチエイジング効果

100種類以上の酵素を補うことで、元来体に備わる消化酵素を代謝に回すことができ、細胞の若返りが促進されます。

 

▶食べ過ぎ防止

血糖値を下げるブドウ糖の働きにより、過食を防ぎます。

 

▶保湿効果

甘酒に含まれるビタミンB2でお肌の潤い・弾力を取り戻します。

 

これほどの効果があることを考えれば、「飲む点滴」と称されるのも納得ですね。甘酒に含まれている豊富な栄養素が、健康と美容に効果を与えているのです。

 

甘酒に含まれている成分について

甘酒の効果については確認できましたが、さらに踏み込んで、具体的にはどのような成分が含まれているのでしょう。甘酒の主要な成分を挙げてみると以下の通りになります。

 

▶100種類以上の酵素

100種類以上の酵素のうち代表的なのは、デンプンをブドウ糖に分解するアミラーゼ、脂肪を脂肪酸に変えるリパーゼ、植物繊維をオリゴ糖に分解するセルラーゼ、タンパク質をアミノ酸に分解するプロテラーゼです。

 

▶コウジ酸

コウジ酸はシミ・ソバカスを予防・改善する効果、メラニン色素を抑える効果があります。お肌の美白に優れた成分です。

 

▶パントテン酸

パントテン酸にも美白効果があり、代謝に関する補酵素の作用を補助する働きをします。

パントテン酸を補給することで、大人ニキビやニキビによる色素沈着の予防、シミの予防を行なえます。

 

▶イノシトール

イノシトールは、神経機能を保つ役目を果たすとともに、血管に余計な脂肪が蓄積するのを防いでくれます。

 

▶ビオチン

これは「補酵素」と呼ばれるもので、酵素の機能を補助して健康的な皮膚・髪を保ちます。さらに、疲労回復、アトピー性皮膚炎の治療にもその力を発揮します。

 

▶ビタミンB群

ビタミンB群は優れた美容効果が備わった万能な成分で、新陳代謝の活性化、免疫力向上、老化防止、精神安定などに効きます。中でも、肌の保湿・ハリを促進するビタミンB2、美しい髪を作り、月経・つわりの症状を和らげるビタミンB6、貧血予防・不眠症予防になるビタミンB12は、女性にはとても嬉しい成分ですね。

 

甘酒には2種類ある!どっちが効果的なの?

美容に気を配る人には欠かせない甘酒ですが、甘酒であれば何でも美容に良い、というワケではありません。甘酒には2種類あり、そのうち一方が美容に良いのです。

 

2種類の甘酒って?

 

▶発酵させた米麹を使用した甘酒

▶酒粕をお湯に溶かし、砂糖を加えた甘酒

 

 

そして、この2つのうち、美容に効くのは米麹で作った甘酒です。

 

厳密に言うと、「飲む点滴」と呼ばれるのは米麹の甘酒なんですね。こちらの甘酒には抗酸化作用があり、老化の防止、メラニン色素の発生を抑え、白いお肌を作り出す働きが備わっているのです。

 

さらに、余計な砂糖が加えられておらず、ノンアルコールであるという特徴もあります。もちろん、酒粕で作った甘酒が悪いというわけではありません。

 

 

しかし、糖分を含んでいるという点を考慮に入れると、ダイエットには向いていないと言えます。したがって、美容目的で甘酒を利用するのであれば、米麹の甘酒を選ぶのが賢明です。

 

飲むだけではもったいない!甘酒はパックや化粧水として肌に塗ろう

さて、朝に一杯飲むと集中力が続き、夜に一杯飲むと疲労感を取ってくれる甘酒を、飲むだけで終わらせていませんか?飲むだけでは、非常にもったいないんです!

 

皆がうらやむような美しいお肌を作るには、甘酒を顔に塗りましょう。顔のお肌に塗る一番の方法は、甘酒パックを作ること。

 

 

用意するものは、乾燥米麹200g、水300ml、ハチミツ大さじ1のみです。

 

まずは、米麹と水2つを炊飯器に入れ、濡れ布巾をかけて保温し、8時間寝かせます。次に、でき上がった甘酒を大さじ1杯とハチミツ大さじ1杯を混ぜ合わせます。これを顔に塗り、10分~15分ほど経ったら水で洗い流しましょう。

 

一方で、砂糖を加えていない酒粕を利用する場合には、酒粕100gと日本酒300mlを用意します。最初に酒粕をよく練り、そこに日本酒を加えればパックの出来上がりです。こちらも、10∼15分顔の上にのせ、洗い流して使用します。

 

さらに、パックだけでなく、甘酒の化粧水も簡単に作ることができます。

 

用意するものは、甘酒10g、精製水100ml、グリセリン小さじ1杯です。これらを小さなボトルに入れてよく振り、一夜寝かせておくと化粧水のできあがりです。

 

今日からふっくらもちもち、甘酒美女に♡

甘酒を利用した美容法は、何より手軽に行なえるのが魅力的です。甘酒を飲み、パックも作ることで、お肌も体も健康な状態を保てるのです。

 

「継続は力なり」ではありませんが、「継続は美女なり」です。毎日の生活に甘酒を取り入れて、陶器のような、白く美しいもちもちフェイスを自分のものにしてくださいね。

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。