まつ毛が少ないまつ毛貧毛症・アラガンのグラッシュビスタとは?

ビューティ ライター:

つけまつ毛やマスカラなど、毎日のアイメイクが原因で【まつ毛】は疲れていませんか?最近女性に多い「まつ毛が抜ける」「まつ毛の量が減ってしまう」のトラブルにはどんな原因が考えられるのでしょうか。

まつ毛の基礎知識

そもそもまつ毛とは、日差しや汗、埃なのど異物から目を保護するためのものです。長さや太さには個人差があり、上まぶたのまつ毛は90〜160本・長さ8〜12mm、下まつ毛は75〜80本・長さ6〜8mmが平均とされています。

 

まつ毛は身体の中でも最も濃い色素を持っているため、加齢によって白くなることはほとんどありません。欧米人と比べるとアジア人のまつ毛は、ほとんどカールはされておらず、本数も少ないとされています。

 

欧米人のようにカールされたまつ毛に憧れを抱くこともあると思いますが、東洋人のまつげは色が濃くはっきりとしているため、目が黒く縁取られる形になり、目の印象が強くなる傾向にあるのだとされています。どちらにしてもまつ毛の長さや濃さは、女性にとって大切なパーツであるだけに重要な問題でもありますよね。

 

 

まつ毛貧毛症とは?

メイクの中でもアイメイクの有る無しは、お顔の印象を最も左右するものとされています。しかし最近「まつ毛が抜ける」「まつ毛の量が減ってしまう」というトラブルが女性の間で増えていることをご存知ですか?実はこれ、まつ毛貧毛症かもしれません。

 

まつ毛貧毛症とは、まつ毛が「少ない」「短い」「細い」と感じる症状で、これらを総称してまつ毛貧毛症と言います。原因として加齢や皮膚の疾患、抗がん剤の副作用があげられますが、最近増えているトラブルではアイメイクにも問題があるのではないかとされています。

 

□ビューラーでまつ毛を根元からあげている

□ビューラーのゴムを変えていない

□ホットビューラーを使っている

□つけまつ毛を毎日つけている

□マスカラを何度も付け直してしまう

□クレンジングでついゴシゴシ洗ってしまう

 

上記に心当たりがある方は、まつ毛が疲れている可能性があります。

 

疲れたまつ毛は抜けやすくなり、短くなったり細くなったりとトラブルを起こします。これはまつ毛貧毛症の疑いもあるため、医療機関で診療する対象になる症状です。自由診療ではありますが、皮膚科、眼科、美容外科で相談することが可能で、症状に合わせて生活習慣に対する指導や、目薬が処方されます。

 

 

注目されるアラガン社のグラッシュビスタ

 

まつ毛の悩みでクリニックを受診した場合、多くのクリニックで取り扱っている製剤のひとつにアラガン社の治療薬「グラッシュビスタ」があります。

 

もともとは緑内障の治療薬として製造されたものでしたが、まつ毛の育毛効果が高いことがわかり、まつ毛の育毛剤として研究され再発表されたものになります。国内では唯一であり初めて、まつ毛貧毛症の治療薬として開発・発表されました。

 

アラガン社ってどんな会社?

アラガン社と名前を聞くだけではピンとこないかもしれませんが、アラガンはアメリカの製薬会社であり、アンチエイジングや多汗症に効果を発揮する「ボトックス」もこの会社の製剤になります。FDAの認可のあるボトックスと同じく、「グラッシュビスタ」も厚生労働省から製造販売承認を受けた国内唯一のまつ毛治療薬です。安全性が高いことからも、知名度ともに世界的に認められています。

 

グラッシュビスタの特徴

グラッシュビスタはまつ毛の生え変わり周期を伸ばしたり、毛包を刺激してまつ毛を太くさせる効果があります。アメリカをはじめ世界23カ国で承認されたものです。使い方としては1日に1回、寝る前にまつ毛の生え際に塗る形になります。

 

 

まつ毛の育毛剤グラッシュビスタは医療機関で

グラッシュビスタはドラッグストアなどでは購入することはできません。医療用の治療薬になるため、取り扱いは専門の病院・医院のみになります。残念ながらまつ毛貧毛症は保険の適用外であるため、現在(2017年4月)は10割負担の自由診療になっています。値段の目安として、70日間で1万〜数万になります。

 

使用には注意事項があり、使い始めたばかりはまぶたが痒くなったり、誤って目に入った場合、黒目の部分に色素沈着の恐れがあるなどの副作用も考えられるそうです。

 

金額が高い、医療機関でしか購入できない、保険が適用されない、副作用も考えられる。グラッシュビスタにはこれらのデメリットが挙げられますが、「毎日つけまつ毛をつけている」「まつ毛エクステをしている」に比べると、まつ毛には優しく安全であるとされています。

 

 

まとめ

まつ毛のトラブルは年々増加しており、「まつ毛が抜ける」「まつ毛の量が減ってしまう」だけではなく、まつ毛エクステの接着剤で角膜に傷ができたりという相談も増えています。まつ毛が少ない、短い、細いという悩みがある場合は、エクステやつけまつ毛という選択肢の他にも、医療機関での相談も視野に入れることは目の健康のためにも良いことかもしれません。

 

この記事を書いた人

きみぽん

きみぽん

婚活中の30代女子です。今更ですが、美容に目覚めました。家庭用脱毛器に興味があるので、どんどん試して皆様に発信していきますね。

関連する記事

人気の記事

最新サロン情報

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。