わきが、多汗症、汗をとめるボツリヌストキシンとは?

ビューティ ライター:

ボトックス(ボツリヌストキシン)はアンチエイジングだけじゃない

ボトックス、またはボツリヌストキシンとして知られている注射の効果として、まず挙げられるのは「小顔効果」「シワとり」などですよね?特におでこのシワなどに見られる表情筋には効果が高いとされています。

 

そんなボトックス(ボツリヌストキシン)ですが、実は注射をする部位によって多汗症やわきがなど、汗やニオイを抑制する効果を発揮するのはご存知でしょうか?メスを使わず、注射による治療になるため、かかる時間も10分程度。今回は、多汗症対策としてのボトックスを見ていきたいと思います。

 

 

わきが・多汗症・汗をとめる効果を発揮する仕組み

ボトックス(ボツリヌストキシン)の治療は、ボツリヌス菌の毒をワキの下に注射をする方法になります。注射によって汗を出すエクリン汗腺の活動を抑制することで、結果的に汗の分泌が抑えられる仕組みになっています。

 

わきがのニオイそのものを抑える作用はありませんが、汗の量が減るため、必然的にニオイも抑えることが出来るとされています。

 

【特徴】

・安全性が高い

・10分程度の施術

・会社帰りに行ける

・翌日に支障はでない

 

【こんな人にオススメ】

・メスを使いたくない

・わきが軽度の方

・夏だけニオイや汗を抑えたい方

 

ボトックス(ボツリヌストキシン)の注射治療は、汗腺そのものを取り除くものではないので、効果は約半年〜1年程度になります。わきではなく、手のひらに汗をかいてしまう方にもオススメの施術です。部位によって異なりますが、治療そのものは10分程度で済むものなので、日常生活に支障が出ないこともメリットのひとつです。

 

ボトックスとボツリヌストキシンの違いは?

 

クリニックによって「ボトックス」「ボツリヌストキシン」と表記が違う場合がありますが、基本的にこれらはどちらも同じ内容の施術になります。大きな違いは製薬会社で、「ボトックス」はアメリカのアラガン社が商標登録している製剤のことを指しています。そのためクリニックや医師によってどの会社の製剤を使用しているかで、ボトックス・ボツリヌストキシンと表記が違っていることが多いようです。

 

 

多汗症に保険が適用される場合もある?

 

2012年11月、ボトックス注射での多汗症治療が保険適用されることになりました。悩んでいた方は、これによって今までよりも気持ちを楽に治療を受けることが出来るようになったと思います。

 

「保険が適用されるなら私もやりたい!」と思う方もいるとは思いますが、実はこちらの施療は、全ての方に保険が適用されるわけではありません。「原発性腋窩多汗症(げんぱつせいえきかたかんしょう」の方のみが保険が適用される仕組みになっています。

 

原発性腋窩多汗症(げんぱつせいえきかたかんしょう)とは?

 

ワキの下にかく汗が多く、腕から汗が垂れたり、洋服にシミが出来てしまう状態です。ワキ汗が気になって人前に出ることがためらわれる。ワキのニオイや汗が気になって人間関係がうまく築けない。服に汗のシミが出来てため1日に何度も着替える。このような状況になっている場合、保険が適用される可能性がありますので、医師に相談をしてみるのが良いでしょう。

 

注意するのは、何らかの病気や薬の副作用で汗が増えている状態は、まずは元の病気の治療が先決になるため保険は適用されません。

 

 

効果と副作用について・代替性発汗とは?

ボトックス注射(ボツリヌストキシン)のデメリットとして挙げられるものに、副作用があります。この副作用を「代替性発汗」と呼びます。

 

ワキ汗をボトックス注射で抑えることは出来ますが、汗というものは一定で、量が変わるわけではありません。ワキから分泌されるはずだった汗は、別の場所から発汗することになります。代替性発汗には個人差があり、尿として排出される場合もあれば、手や背中、胸など、今までと違った場所からの汗が増えるという場合があります。

 

「ワキ汗よりは良い」と多くの方が考えるようですが、それでもこういったデメリットがあることは知っておくべきだと思います。

 

【効果と副作用】

・ボトックス注射の効果は半年

・一年に二回は治療しなくてはならない

・ワキ汗は抑えられるが、他部位から汗が増える場合がある

 

 

クリニック選びは慎重に!

なかなか人には相談しづらい多汗症・わきがの悩みですが、今ではいろいろな方法で治療をすることができます。保険適用の件もありますが、安価でボトックス注射が受けられるクリニックもたくさんあります。

 

注射の痛みはどの程度か、麻酔はあるのか、効果がなかった場合はどうなるのか、これらの項目に対してクリニックによって様々な対応が取られています。きちんとカウンセリングをして納得がいくクリニックを選ぶことが悩みを改善するためには大切なことになるでしょう。

 

 

この記事を書いた人

きみぽん

きみぽん

婚活中の30代女子です。今更ですが、美容に目覚めました。家庭用脱毛器に興味があるので、どんどん試して皆様に発信していきますね。

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。