小顔はメイクで作れる!簡単メイク術を紹介

メイク

雑誌などのメディアでやっているメイクをみていると、どれもこれも、

 

小顔前提のメイク術ばかりだと思いませんか?

 

丸顔、面長など人それぞれ顔の形は違うはずなのに、どうして小顔前提でメイク術を進めてしまうのでしょう。ここでは、そんな疑問を持つ方にも初めのステップでもある小顔を作るメイク術を紹介したいと思います。

 

何よりベースが大切!マスターしてメイクをワンランク上のものにしましょう。

 

小顔に見えるメイクとは?

丸顔の方には丸顔の、面長な方には面長の魅力的な魅せ方があります。しかしメイクのバランスを考えた場合、比率が最もいいのが小顔メイクの特徴になります。

 

実際に普段からお手入れやエステなどで、骨格を修正した小顔とは違い、メイクのやり方を工夫することで小顔に近づける方法を使います。顔が大きいことや面長などのコンプレックスをカバーするメイクでもありますね。

 

1㎜でも小さく見せたいと思っている方も少なくありません。髪をガバッとかき上げても、スマートに見える小顔メイクは、丸顔の方や面長の方にとっても魅力的なメイクでしょう。

 

小顔に見せるファンデーションの使い方

ファンデーションは大半の方が1色で塗ってしまうことが多いのではないでしょうか。顔全体に塗るファンデーションで小顔に見せるポイントとして、2色のファンデーションを使うようにしましょう使用するファンデーションは、

 

・普段使用しているファンデーション

・ワントーン下げたファンデーション

 

まずは、いつも通リにファンデーションを塗って、次にワントーン下げたファンデーションをこめかみから頬の中央に塗っていきます。より自然に仕上げるために、色の境目をスポンジで叩くようになじませるといいでしょう。

 

小顔メイクのポイントは、鼻を中央に明るいメイクをすることが効果的!中央に向かって明るい印象を与えるために、2色のファンデーションを使用しましょう。

 

 

シェーディングの小顔効果

シェーディングは普段のメイクでもされている方が多いと思いますが、自然な小顔を演出するために、薄めに入れるようにしましょう。濃いシェーディングは、かえってコンプレックスの部分を目立たせてしまう可能性があります。

 

丸顔の方は、顔のサイドに濃いめに塗り、顔の縦ラインを作るようにしましょう。また、面長の方は額の生え際に濃く塗り、顎には軽く塗り、横のラインを作ります。

 

シェーディングはどんなメイクでも使われる技法ですが、小顔を目的とした場合、自然な仕上りが大切になります。生え際をアイブロウなどで埋める方もいらっしゃいますが、それよりも大きめのブラシを使ってぼやけたシェーディングが理想的です。

 

小顔に見えるハイライトの使い方

ハイライトは顔の陰影を付けるのに一番効果が期待できます。ハイライトは色が明るいので、顔の高いポイントに入れるようにします。

 

Tゾーン、頬の高い部分、顎などベースメイクの仕上げに足すイメージでおこないます。

 

小顔に見せるポイントとして、塗る範囲を狭く、軽くつけると良いでしょう。ハイライトは広範囲に入れると、膨張して見えてしまうことがあるので、小顔効果とは真逆になってしまいます。小顔メイクには、ラメの輝きのあるものではなく、パール感のあるものを選ぶと◎です。

 

小顔効果の高いチークの入れ方

顔の印象を決めるチークですが、ここにも小顔を意識してメイクすると効果的な方法があります。

 

まずは丸顔の方ですが、まんまるなチークの入れ方では、余計に丸顔に見えてしまいます。ポイントは黒目の外側からこめかみ辺りに入れる方法です。黒目の外側から入れることで丸顔をシャープに見せてくれます。

 

面長の方は、斜めにチークを入れることで面長が強調されてしまいます。ポイントは、頬の高い位置に水平に乗せると横のラインが出来ることでスッキリ小顔効果が期待できます。

 

ポイントメイクはもちろんですが、メイクの要はベースメイクです

ベースメイクで小顔をしっかり作ることで、かわいいまとめ髪やアップも楽しめるメイクも楽しめます。コンプレックスをうまくカバーしたメイクで自分の魅力を最大限に引き出しましょう。

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン