【女性のムダ毛事情】まだ自己流のムダ毛処理方法で満足してるの?

特集 ライター:

ムダ毛処理は、女子として気が抜けない身だしなみのひとつ!うっかり忘れて恥ずかしい思いをした経験は、もしかすると誰にでもあるはず。

 

とはいえムダ毛処理に関しては、ほとんどの人が自己流で行っているのが現実です。そのため「どのくらいの頻度で処理をすればいいの?」「正しい方法ってどんなもの?」と、意外と知らないことばかり!慌ててケアをして後悔をしないよう、基本的なところから学んでおきましょう。

 

部位別の毛周期(基礎知識・部位によってどんな特徴があるのか)

毛には「毛周期」と呼ばれる生え変わりのサイクルがあります。これは身体の部位事に違うもの。たとえば、顔と腕のムダ毛を同じ日に処理したとしても、元の状態に戻るまでの日数が違います。

 

この「生え変わりのサイクル」を知っておけば、最低限のムダ毛処理間隔がわかってくるので、何度も繰り返し処理をして肌を傷めずに済みます。目安として覚えておきたいですね。

 

■髪の毛

ムダ毛ではありませんが、身体の中では一番に生え変わり周期が長い部分です。覚えておけばヘアケアの役に立つかもしれません。髪は10日で3~4ミリ伸びて、だいたい4年で自然と抜け落ちます。毎日50本抜けるのも頭髪だけ。抜けた髪は、約4ヶ月後に新しいものが生えてきます。

 

■眉毛・まつげ

眉毛・まつげは毛周期が短いもの。3~4ヶ月で生え変わります。10日で1ミリ程度しか伸びないため、毛の成長は遅いもの。まつげを長く伸ばしたい人は、きちんとしたケアが必要です。

 

■口まわり・顎

成長スピードには男女差があります。しかし、産毛の場合でも2ヶ月後にはすっかり元に戻ってしまうので、成長サイクルはかなり早め。

 

■ワキ

10日で3ミリ伸びるので、毛の成長スピードは髪の毛に次いで速い部分です。一度処理して、同じ毛根から毛が生えてくるまで4ヶ月かかります。

 

■腕・脚

10日で2~4ミリ伸びますが、人によって成長スピードに差が出てくるのが特徴です。一度処理して、再び生えてくるまで3ヶ月~半年と幅があり、これも人によって差があります。

 

■ビキニライン

10日で2ミリ伸び、一度処理して、同じ毛根から生えてくるまで4ヶ月かかります。毛の向きがバラバラに生えてくる場合が多いので、今どのくらい伸びているのかも計りづらい部分です。

 

 

【部位別】おすすめのムダ毛の自己処理方法

ここからは、部位別にムダ毛の処理方法を詳しく説明していきます。部位によって使用する道具や方法が異なるので、自分の自己処理との違いを比べながら見てみると、意外な発見があるかも?まずは、顔のムダ毛処理方法からです!

男性に見られてますよ。顔のムダ毛処理方法

男子が気になるムダ毛ランキングで、常に1位を独占しているのが顔のヒゲ。産毛だろうと何だろうと、ヒゲ女子は引かれること間違いなしです。その他にも、顔全体に生えている産毛は顔色をワントーン落としている場合があるので、それも一緒にケアしたいところですよね。

 

 <お手入れ頻度の目安>

1ヶ月に1回程度の処理がオススメ。毛の生え変わりが早い人は、約3週間程度を目安に行ってください。※ヒゲだけは、生え変わりが早いので10日に1度を目安に行うと良いかもしれません。

 

<顔に産毛があると?>

・化粧ノリが悪く、日中は化粧が崩れやすい。

・顔色がワントーン暗くなる。

・皮脂や汗や産毛に絡むので、毛穴が詰まりニキビが出来やすい肌に。

 

<基本の道具・処理方法は?>

顔そり用のL字型を使用します。T字カミソリは、顔のような凹凸のある部分には向いていません。剃り残しだけではなく、傷つけてしまう場合もあるので注意が必要。顔用の電動トリマーを使うのもオススメです。

・たっぷりの乳液、またはクリームを顔にのせて行いましょう。

おでこ→鼻筋→眉下→こめかみ→頬→小鼻の横 →あご→唇の下→鼻の下、というように基本的に上から下にむかって行くことで、肌を傷めず、仕上がりもキレイに。

 

<気をつけること>

・顔そり後の肌はとても敏感になります。過剰に紫外線に反応してしまうことがあるので、朝の顔そりは避けたほうが無難かも。同じようにメイクをしたままの顔そりも、雑菌が入ってしまう場合があるので避けること。

 

・洗顔料や泡立てた石鹸をクリーム代わりにして、カミソリをあてるのはNG!肌の大切な角質までも一緒に剥がしてしまうため、肌にとってはマイナスになる危険な行為です。

 

 

ワキの黒ずみ・ぶつぶつの原因はカミソリ?

少しでも伸びてくると気になってしまい、ケアをしないわけにもいかない部分。間違ったケアを続けることによって蒸れの原因になったり、黒ずみなどの色素沈着や、ぶつぶつが発生しやすくなるため、処理方法やケアの頻度を知ることが大切。

 

<お手入れ頻度の目安>

早い人では3日すれば気になってくる場合があるようです。ムダ毛処理間隔のアンケートでは、夏場で5日に1回の処理をしている人が全体の3割で、これが一番多い回答です。生え変わりサイクルにもよりますが、どれだけ頻繁にケアをしたとしても、肌のために3日は間隔を空けるよう意識することをオススメします。

 

基本の道具・処理方法は?>

本来は、カミソリも毛抜きも避けるべき部分。肌に対して一番ダメージが少ないのが、電気シェーバーになります。それが用意できない場合は、次いでカミソリ。毛抜きは埋没毛になりやすく、なってしまった場合のケアが大変なので、出来るだけ使用を控えること。

 

・ワキは上部と下部で毛の生える方向が違うので、シェーバーをあてる際は注意が必要。空いている手で皮膚を伸ばして、しっかりとシェーバーを当てるのがポイントです。

 

・長く伸びてしまった毛はシェーバーだと処理しづらいので、あらかじめハサミでカットするとキレイな仕上がりになります。

 

・電気シェーバーは、乾いた状態の肌にあてるのが基本。お風呂に浸かった後や、湿った肌に使うのはNG。専用のプレシェーブローションを使うのがオススメですが、無ければベビーパウダーなどで代用するのもOK。

  

【https://www.amazon.co.jp/dp/B001MBV4L0/ref=cm_sw_r_tw_dp_PTZGxbT6SVJAB】

◇パナソニック/レディースシェーバー サラシェ全身用ブルー ES2235PP-A 

全身に使えるタイプのシェーバーで、お値段もお手頃なのでオススメ♪

 

<気をつけたいポイント>

・処理直後のキレイさを比べると、シェーバーはカミソリや毛抜きにはどうしても劣ります。ですが、肌への負担や、継続して行うことを考えるとシェーバーのほうがプラスに。特に毛抜きで引き起こされる埋没毛などのトラブルは、ワキは特に解決しづらいと言われています。

 

・根元からキレイにカットしたいからといって、シェーバーを肌に強く押しつけないようにすること。肌を傷つけてしまうので、シェーバーは軽く当てるような気持ちで使いましょう。何度も繰り返し同じ部分に当てるのもNGです。

 

「背中にまで髪の毛はえてるよ」なんて言わせない!背中・うなじのムダ毛を処理

自分ではうまく確認できないため、もっともムダ毛処理で悩む部分です。意外と見られていることが多いので、意識して気をつけたいところ。うなじ(襟足)は下手なケアをすると、髪をアップにした時に余計に目立つので、自己処理する際には注意が必要です。

 

<お手入れ頻度の目安>

背中の産毛は、だいたい1ヶ月~1ヶ月半が目安。自分でやることが難しいと感じる場合、家族や友人、もしくは専門のシェービングサロンに行ってみるのも良いでしょう。パーティーなどに招待され、背中を大きく開いたドレスが着たい場合は、3日前にケアをするのが肌にとって理想的です。

 

<基本の道具・処理方法は?>

背中・うなじ(襟足)には、それほど濃く太い毛はないようです。産毛が密集して生えている場合もありますが、1本1本が細いため、顔用のコンパクトなシェーバーを使うのがオススメ。直接見ることができない部分なので、剃りすぎや、不自然にならないよう注意が必要。カミソリなどの刃物系は失敗すると傷がつくので、できるだけ使用は控えること。

 

【http://panasonic.jp/face/products/ES-WF60/】

◇パナソニック/フェリエ フェイス用ES-WF60

丸い刃先なので肌を傷つける心配が少なく、石鹸やローションなしで処理が可能♪

 

<気をつけたいポイント>

早く処理したいがために、背中用のムダ毛取りパッド、ローションなどで、背中のムダ毛処理をやりすぎてしまいますが注意が必要!やりすぎが原因で肌トラブルに…なんてこともあるので、使用方法は必ず守りましょう。

 

 

恥ずかしくて聞けない!胸・乳輪のパイ毛を処理!

腕や脚と違って、胸まわりのムダ毛については恥ずかしくて相談できないという方が多いのでは?案外悩んでいる女性も多いので、安心して大丈夫。もちろんデリケートな部位なので、ケアについては丁寧に行いましょう。

 

<使う道具は?>

産毛が密集している場合は、顔用シェーバーが最も適していますが、胸全体と範囲が広い場合はT字型カミソリでも◎。(乳輪のまわりや、バストトップではもちろん使わないこと)乳輪のまわりに数本と数が少ないようなら、毛抜きで抜いてしまってもほとんど問題がないことが多いようです。

 

<気をつけるポイント>

・胸全体にT字カミソリを使う場合は、石鹸ではなく必ずクリームなどを使用すること。

・毛抜きで処理する場合は、途中で毛が切れてしまわないように毛の流れには逆らわないこと。お風呂を出た直後に処理をしたり、浴室の中で行うと皮膚と毛が柔らかくなっているので処理しやすくなります。

 

 

ムダ毛と言ったらここ!腕・脚(足)の正しいムダ毛処理方法

ムダ毛処理といえば、腕と脚。よく目につくので、普段から自己処理が欠かせませんよね。とくに手足は太い毛が生えやすく量も多いため、処置を間違うと毛穴がぽつぽつと目立ってしまう場合があります。

 

<お手入れ頻度の目安>

・カミソリ 3~5日程度

・脱毛クリーム 5~7日

・脱毛ワックス 2~4週間

広範囲で、他部位に比べて頻度も高いため、肌トラブルを起こしやすいのが手足です。アイテムによっては肌に合わない場合があるので、自分の肌と相談してお手入れしましょう。

 

<使う道具は?>

最も多いのがT字型カミソリを使っての自己処理。その他にも、電気シェーバー、脱毛剤や除毛剤、脱毛ワックスなどがあり、好みによって使い分けている人がほとんどです。場所的に処理しやすく、処理の頻度を遅く出来るということで毛抜きを使う方もいますが、出来るだけ毛抜きは使わないこと。肌への負担が大きく、後になって埋没毛や黒いぶつぶつの原因になります。

 

 

■とにかく手軽に処理したい!【T字型カミソリ】

1、処理前に蒸しタオルで蒸らし、毛穴を広げる。

2、石鹸の泡ではなく、専用シェービングローションを使うこと。無い場合はボディクリームでもOK。

3、毛の流れにそって剃ること。

(剃り残しが気になった場合のみ、その部分だけ毛の流れに逆らって1度だけ剃る)

4、処理後は必ず保湿を行いましょう。

 

・手足は処理頻度が多くなってしまうため、カミソリの刃は常に清潔に保ちましょう。月に1、2回は刃を変えることが理想的です。

・毛の量が多い場合、流れに剃って処理した後も、黒くぽつぽつと残ってしまうことがあります。その時のみ逆剃りをしましょう。それ以外の逆剃りは肌を痛めるので避けること。

 

毛深く、範囲が広いのが悩み・・・【脱毛クリーム】

カミソリに比べ、処理後に毛先がちくちくしないことが除毛クリームの良いところ。表面の毛を溶かしている状態ですが、深く毛をカットしている状態なので、カミソリ処理よりも長持ちします。

 

・顔やデリケートゾーンなど、敏感な部分には使用しないこと。

・臭いがきついものが多いため、香り付きを選んだほうが使用しやすい。

 

www.amazon.co.jp/dp/B00I90E662

 ◇ヴィート/ナチュラルズ バスタイム除毛クリーム 敏感肌用 150g

敏感肌の人も使える除毛クリーム。シャワーを浴びながら使えて、ドラッグストアなどですぐ購入出来るので初めての方にオススメ♪

 

 

処理頻度を減らしたい!【脱毛ワックス】

比較的広範囲を一度で処理することができ、すべすべの状態を長く保てるということで人気のある脱毛ワックス。シートタイプ、水タイプ、クリームタイプ、固形タイプと種類があります。ものによっては、1cm程度は毛の長さがないと使えないものがあるため、購入前には確認しましょう。

 

・初心者はシートタイプから試すのがオススメ。

・一度処理すれば、かなり長い間はその状態を保つことが出来るため、日々のケアが面倒な人にはベスト。

 

 www.amazon.co.jp/dp/B00WUN4H04】

◇REPICA/初めてのブラジリアンワックス脱毛スターターキット【100%国産無添加】 

専門サロンと共同開発した100%天然成分のワックス。 初めての方でもすぐに使える、充実したキット内容なのでオススメ♪

 

アンダーヘアのチクチクにはヒートカッターでの処理が◎。形・正しい処理方法を知ろう!

アンダーヘアとは、VIOの部分のことを指します。周りに相談しにい部位なので、意外と正しい自己処理方法が知られていませんよね。他の部位と比べてデリケートな部分で、毛の向きがバラバラな場合が多いため、急がず、ある程度の時間を用意して処理に挑みましょう。

 

<お手入れ頻度の目安>

体質によって生え方が変わってくるため、人によって処理頻度は様々ですが、デリケートな部分のため1週間に1回程度を目安にして、頻繁に繰り返さないこと。ヒートカッターで長さの処理を行うだけでも、ずいぶんと形が整うので、それだけで十分な場合もあります。肌のためにも剃る処理はできるだけ少なくしましょう。

 

<使う道具は?>

一般的に、カミソリ、ワックス、電気シェーバーが使われていますが、ここでの一番のオススメは電気シェーバーになります。カミソリは肌を傷めますし、ワックス脱毛は慣れない人にとって難しいからです。

 

一般的なボディ用シェーバーでも平気ですが、VIO専用のシェーバーを使うのもおすすめです。

 

 

<基本のお手入れ方法>

1、あらかじめ整える形を決め、目安となるように印をつけておく。

(一般的に逆三角形に整える人が多いですが、卵型、I型も人気があります)

2、処理する部分の毛をハサミ、またはヒートカッターなどで短くカット。

3、肌を軽くひっぱりながら、外側→中心の順番で処理をします。I、O部分は難しいため、鏡を見ながら行うと◎。

4、処理後の保湿は必ず行いましょう。

 

・長さを整えたい時も、ハサミではなくヒートカッターがオススメ。熱処理で毛先を丸くカットするので、嫌なチクチクを感じないで済みます。

 

www.amazon.co.jp/dp/B001AFTNMK】

◇ラヴィア/ボディケアシリーズ Vライントリマー

ヒートカッター方式で毛先を丸くカットする事で、処理後のチクチクを改善出来る優れもの♪

 

 

可愛いネイルが台無し!手の甲・指・足の指のムダ毛処理

範囲が狭いため、それほど深刻に考えていない手足の指に生えたムダ毛。他部位に比べ、目につきやすい部分でもあるので最低限の処理だけをしている人がほとんどですが、指輪やネイルをする人は、とくにキレイにしましょう。

 

<基本の処理方法>

主にカミソリ、電気シェーバーなどを使い、他部位を処理するついでとして処理する場合が多いようです。狭い範囲なので毛抜きを使う場合も。手足の指専用の脱毛クリームなどを使ってみるのもオススメです。

 


【https://www.amazon.co.jp/dp/B00HWZW28O/ref=cm_sw_r_tw_dp_ED1HxbYWF31P1】

◇ボディーオール/薬用ヘアリムーバー 

手・足の指毛専用の除毛クリーム。メイクポーチに入るコンパクトサイズなので、外出先で気になった時すぐに処理できるのでオススメです♪

 

 

ムダ毛の処理後に現れる、埋没毛・ぶつぶつ・かゆみの原因とは?

ムダ毛をキレイに処理したと思っても、後々になって現れるトラブル。埋没毛、ぶつぶつ、黒ずみ。これらはどうして出来てしまうのでしょうか?出来てしまった場合は、どのように処理をするのが正解なのでしょうか?

 

自己処理で気をつける3つのポイント!

1、毛抜きは極力使わない

2、自己処理は手間をかけてアフターケアまでしっかりやる

3、できるだけ自己処理の頻度を減らすこと

 

埋没毛、毛穴のぶつぶつなど、ムダ毛の自己処理後に肌トラブルを引き起こさないよう、上記3つのポイントを守りましょう。

 

<ぶつぶつ・黒ずみの原因>

毛穴がぶつぶつになってしまったり、黒ずみが起きるのは、ほとんどの場合が毛抜きでのムダ毛処理が原因です。次に多いのが、間違ったカミソリでの処理だったり、カミソリでの処理を頻繁に行いすぎだったりします。

 

・毛抜きを使っている

・週に3回以上、ムダ毛の自己処理をしている

・何度も逆剃りをしてしまう

・ずっと同じカミソリを使っている

以上のことに心当たりがある場合、ぶつぶつや黒ずみが出来る可能性は高くなります。

 

毛穴のぶつぶつをケアする方法

■ ぶつぶつが赤い場合

毛抜きやカミソリを使った自己処理で、肌に炎症が起きている状態です。かゆみを伴う場合もあります。本来は自然にしていれば数日から1週間程度で治りますが、症状がひどいようなら皮膚科の受診もおすすめします。(かゆみを伴う場合は、冷たいタオルで冷やすと症状が一旦落ちつきます)

 

対処としては保湿をすること。しかし赤いぶつぶつが出ているのは炎症がおきているせいです。免疫力も下がっているので、保湿成分にも気を配り、普段から使い慣れているものを使いましょう。特別に買ってきたものを使うと、肌が驚いてさらに悪化してしまう場合があります。

 

■ ぶつぶつが黒い場合

赤いぶつぶつを放置したり、負担の大きいムダ毛処理を繰り返した場合、毛穴が傷つき色素沈着を起こしてしまうことがあります。それが毛穴の黒いぶつぶつの主な原因です。

 

1、スクラブやピーリング剤で角質のケアを行う

2、普段よりも保湿を心がける

3、紫外線対策を強化する

4、ビタミン類を取り、肌のターンオーバーを促す

徐々に改善していく方法になりますが、毛穴ケア中はできるだけムダ毛の自己処理をストップさせること。肌への負担を減らすことで、改善スピードも早まります。

 

肌の黒ずみ・色素沈着をケアする方法

炎症を放っておいた場合、メラニンが過剰に分泌され黒ずみをつくります。「毛穴のぶつぶつをケアする方法」のぶつぶつが黒い場合と、ケアはほとんど同じです。保湿をすることが重要になりますが、その際は美白効果のあるものを選ぶことも有効です。ビタミンCだけではなく、ハイチオールやトレネキサム酸など、黒ずみ・色素沈着の解消を目的としたサプリメントによるインナーケアも効果がありますので、試してみるのも良いでしょう。

 

その他、黒ずみ・色素沈着のケアをしている時はムダ毛処理を最低限、控えましょう。さらに悪化させてしまう場合があるので、少しの間はお休みをすることが好ましいです。

  

自己処理後にありがちな、埋没毛を処理する方法

まず、埋没毛が出来る仕組みを知っていますか?埋没毛(埋もれ毛)は、ムダ毛の自己処理で皮膚が傷ついて、毛穴をふさいでしまうことで発生します。特に、何度も同じ場所にカミソリをあてたり、毛抜きで無理に毛を引き抜いた時などに起こります。

 

埋没毛を治すには、本来しばらくムダ毛処理を中止し、皮膚の中に埋まった毛が自然に出てくるのを待つことが肌に優しい方法です。しかし目立つ場所だったりすると、毛が出てくるのを待っていられない場合もありますよね。では、そんな時どうしたらいいのか説明していきます!

 

■ なるべき肌を傷めずに処理する方法

ボディスクラブで優しくマッサージをする、またはピーリング系の石鹸で優しく洗う。どちらかのケアを行った後、肌を柔らかくする保湿クリーム(尿素系クリームがおすすめ)を塗る。そうすることで肌のターンオーバーが促進されて、埋もれていた毛が表面に出てくるようになります。

 

■ どうしてもすぐに治したい場合

強行手段にはなりますが、どうしても今すぐに何とかしたい時もありますよね。本来はやってはいけない行為ですが、どうしてもという時は最低限の方法として守るべきことがあります。

 

・処理前に蒸しタオルをあて、皮膚をやわらかくすること

・使うピンセットは消毒をしておくこと

・皮膚の中からピンセットで毛を抜き出した後は、患部の消毒をすること

 

脱毛サロン・美容クリニックでムダ毛を脱毛

ここまでムダ毛の自己処理方法や、気をつけるべきことを書いてきましたが、次は脱毛サロンや美容クリニックでの脱毛について見ていきたいと思います。

 

脱毛サロンで人気の部位は?

1、ワキ

2、腕・ひざ下

3、アンダーヘア

 

ダントツで1位を獲得しているのが「ワキ」。脱毛をする、ほぼ全員が希望する人気部位です。ランキング3位に入ったアンダーヘアは、最近ではかなり一般的になってきました。自己処理では限界があり、プロの手でキレイに処理してもらうと自信が出ると言われています。

 

驚き!自己処理と脱毛サロンの金額差

自己処理で一番安く続けられるのが「カミソリ」ですが、同じ刃を使い続けると肌トラブルの原因になります。理想は1ヶ月に1、2回は刃を替えること。それを考えるとたとえ200円のカミソリを使っていたとしても、1年で考えると4800円です。

 

・カミソリ(1ヶ月に2回に替刃) 年4800円

・電気シェーバー(本体4000円相当+1年に1度替刃) 年9000円

・脱毛クリーム(2000円相当で1ヶ月半で1本) 年16000円

 

季節を問わず一年中ケアをすると考えた場合ですが、自己処理にかかる費用はだいたいこれくらい。このほかにシェービングローションや、保湿クリームを考えた場合はこれよりも値段は上がってしまいますよね。

 

対する脱毛サロン(エステ)ですが、光脱毛の登場で価格がかなり下がってきました。今ではどこのサロンもキャンペーンをやっているので、かなり安価で脱毛することが可能に。

 

脱毛サロンへ通うメリット・デメリット

■ メリット

・自己処理での肌トラブルを無くすことができる

・毛がちくちくと痛むことも、かゆくなることもない

・仕上がりがキレイ

・1年を通して、ムダ毛に悩まされることがない

・いつでもキレイでいられる

・選ぶサロンによって、自己処理よりも安い

 

■ デメリット

・定期的に通わなくてはいけない

・人に肌を見せなければならない

 

上記のようなデメリットは確かにあります。人に肌を見せるのが嫌だったり、恥ずかしかったり、予約を取るのが面倒だったり。けれど今は、ムダ毛処理は肌のためにも、サロンでケアをしてもらうことが最も一般的な方法になってきたのかもしれません。

 

 

『医療レーザー』と『光脱毛』どっちを選べばいいの?

脱毛をプロに任せよう!と決めたところで、次はどこに行くべきかで悩みますよね。脱毛を考える場合、大きく分けて方法はふたつあります。それが、美容クリニック(医療レーザー)か脱毛サロン(光脱毛)です。

 

医療レーザーとは?

医療機関なので、医師が常駐しています。医療従事者しか行えないため、万が一施術中に何かトラブルが起きた場合でも、すぐに適切な処置を受けることが可能です。そのため、強力なレーザー脱毛マシンを使うことが許されています。

 

通院は2ヶ月に一度程度で、だいたい5~8回通うことが一般的です。それを終えた場合、ほぼ永続的に毛は生えてきません。

 

■メリット

・1年ほど通えば、もうムダ毛に悩まされることがない

・1度の処置で、効果を実感できる

・ サロンでは照射できないような産毛も脱毛できる

 

■デメリット

・光脱毛と比べ価格が高い

・痛みを伴う

・全身脱毛を希望している場合は、費用がかなりかかる

 

 

【POWDER ROOMおすすめ☆医療脱毛】

 ◇ アリシアクリニック

アリシアクリニックでは医療レーザー脱毛が通いやすい低価格の月額制!しかも今なら全身脱毛月額9500円が2ヵ月0円初診料・再診料・テスト照射が0円なので安心して通えます♪全身脱毛以外に、お得なセットプランもあるので気になる方は無料カウンセリングからどうぞ!

☆アリシアクリニック公式HP(http://www.aletheia-clinic.com/)

 

 ◇ TBC

終わりのある脱毛で人気のTBC!今なら両ワキの脱毛が1回体験価格の500円で受けれます!その他にも、ヒザ下やVラインなども体験価格で受けれるので脱毛が初めての方にはオススメです♪

 ☆TBC公式HP(https://www.tbc.co.jp/)

光脱毛とは?

問診から全て、サロンスタッフが対応してくれます。法律上取り決められているため、医療機関よりも低出力のマシンを使用しています。光脱毛は医療行為ではなく「美容のための施術」という位置付けになっているため、永続的な脱毛効果をうたっているわけではありません。※施術を終えれば、もう二度と毛が生えてこないというわけではないのです。

 

■メリット

・かなり安価にスタートすることができる

・値段が安いため、全身脱毛をすることができる

・痛みがすくない

・肌のキメを整える効果がある

 

■デメリット

・永久脱毛ではないため、完全に毛を無くすことは出来ない

・定期的に通わなければならない

 

【POWDER ROOMおすすめ☆光脱毛】

◇ ミュゼ

脱毛と言ったら「ミュゼ!」と、言うくらい有名なサロン。ミュゼでは両ワキとVライン脱毛が回数・期間無制限で100円と、かなりお得!全国に店舗数も多いので時間や場所に合わせて楽に予約できますね。HPには、低価格で受けれる脱毛プランがいっぱいあるので気になる方は是非チェックしてみてください♪

ミュゼ公式HP(https://musee-pla.com/)

 

◇ 脱毛ラボ

業界TOPクラスの成長率の脱毛ラボ!脱毛ラボでは全身脱毛48ヵ所が月額3900円と、かなり激安!最短半年で全身脱毛が完了とスピーディー♪さらに、WEB予約特典で20,000円相当の全身エステパックが何回でも無料なんです!今大注目の脱毛ラボ、まずはカウンセリングからどうぞ♪

脱毛ラボ公式HP(http://datsumo-labo.jp/)

 

「医療レーザー」と「光脱毛」どちらを選べばいいの?

クリニック医療レーザーと、エステサロンによる光脱毛では、お互いにメリット・デメリットがあります。どちらを選ぶというよりも、部位によって通い分けるというのも、選び方としては良いのかもしれません。

 

たとえば…

・完全に毛を無くしたい「ワキ」「Vライン」・・・・医療レーザー 

・広範囲を減毛して自己処理を減らしたい「腕」「脚」「背中」・・・・光脱毛

 

このように通い分けると、範囲が狭いため医療レーザーも比較的値段を抑えることができます。エステサロンの光脱毛は自己処理の頻度を減らすので、毛穴がぶつぶつになったり、埋没毛に悩まれることもなくなり、結果的にキレイな肌を保つことができるので、全身に行いたいという希望に対しても安価で応えてくれます。

 

 

まとめ

どうでしたか? 自分なりに自己処理の悩みは解決できたでしょうか?自己処理方法も、体質によって向き不向きがあります。キレイな肌を保つためには、自己処理だけではなく、プロの手を借りることも必要なのかもしれませんね。

 

《POWDER ROOMスタッフの体験レポート》

 vol.1 パウダールームのスタッフが【ミュゼ】に行ってきました~♪ 

この記事を書いた人

きみぽん

きみぽん

婚活中の30代女子です。今更ですが、美容に目覚めました。家庭用脱毛器に興味があるので、どんどん試して皆様に発信していきますね。

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。