ナチュラルメイクに馴染む!夏のビビッドカラーリップ

メイク

これから夏も本番になってきます。夏になれば一度は使いたいビビットカラー!しかし、ビビットカラーのリップなど、抵抗がある女性も少なく無いでしょう。

 

ナチュラルメイクなどを心がけている女性にとってはハードルが高いものです。そんなビビットカラーのリップもメイクに馴染む方法を紹介していきましょう。

 

ビビットカラーリップの取り入れ方

ビビットカラーを使う時には、できるだけマットなタイプのリップを使うようにします。唇のポイントメイクを強調するのにもマットタイプはおすすめのアイテムです。また、マットなリップは発色が良すぎると思われがちですが、塗り方の工夫次第でナチュラルメイクにも合うんです。

 

まず、唇の中央にビビットカラーのリップを入れる様にします。そこから少しずつぼかすように指の腹で丁寧におさえましょう。カラーに合ったグロスなどでグラデーションにするのもツヤ感が出てかわいいメイクに仕上ります。リップラインをしっかり入れないというのもいい方法です。リップラインをより肌に近い色にすることで、ナチュラルメイクとも協調性のあるメイクが完成します。コンシーラーなどで唇を肌色にしてしまってから行なうとより自然なにビビットカラーを使うことができます。

 

ビビットカラーのリップを活かすメイク

ビビットカラーのリップを活用したメイクは夏のファッションにも映えるでしょう。しかし、リップだけ変えるよりも全体の調和をとったメイクが理想的ですよね。ビビットカラーを活かす為には、他のポイントメイクを控えめにしましょう。

 

まずはベースカラーを整えるのがいいでしょう。アイメイクをするときのベースはシルバーやパール系のハイライトを使う程度にするのも少し控えめでおすすめです。

 

アイライナーはリキッドタイプのものが相性がいいでしょう。キャットアイなどはビビットカラーのリップとの相性も抜群です。マスカラはロングタイプのものを使用し、ポイントメイクが出過ぎないようにするのがコツです。真夏に真紅のリップなどもピッタリですね。

 

TPOに合わせたビビットカラーの使い方

同じビビットカラーでも質感が違えば印象も全く変わってきます。フォーマルな席ならば、クラシカルなマットタイプのリップを使う、元気な印象を与える為には、グロスやリップ自体にうるおいのあるタイプを選びます。このようにその場所に合ったリップを選ぶこともメイクを上手にするポイントになります。

 

ビビットカラーはメイクでも間違えば浮くポイントになります。リップブラシを使うと唇が浮いて見えることもあります。それが逆に映えるメイクとTPOに合ったものならOKです。自然に使いたい時には指でのせると自分らしいメイクがしやすいでしょう。よりマットな仕上りを求める方には、リップの上からフェイスパウダーでおさえることで色が長持ちし、食事の席でもメイク崩れを気にすることもありません。

 

大人のビビットカラーの使い方に挑戦!

ビビットカラーのリップは大人らしい、女性の魅力を発揮できるアイテムでもあります。そんな大人なビビットカラーリップの使い方として、下唇だけにグロスを塗ることです。ツヤ感とマットを同時にみせることで、魅力的な唇になります。リップラインはあえてベージュで引きましょう。ブラシでリップをとり、唇に伸ばし、下唇にだけグロスを足します。上下の唇を軽くこすりあわせます。上唇に少しついたグロスが大人の色気を出してくれます。

 

オレンジ系のビビットカラーを使うと、色の深みがより引き立って口元が強調されるので、いきなり赤やピンクは使えないと思う方はオレンジから挑戦してみるのもいいですね。

 

ビビットカラーは使い方次第でどんなメイクにも相性がいい戦力になるアイテムです。夏の元気なファッションにもピッタリでしょう。是非、いろんなビビットカラーリップにこの夏は挑戦してみてはいかがでしょうか。

あなたが綺麗になるためのサロン探し

関連する記事

人気の記事

※POWDER ROOMはなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。
無料掲載エステサロン